後遺障害認定等級について

 
 交通事故
 交通事故でケガを負い、後遺症が残った場合、自賠責の手続の中で1級から14級の後遺障害等級が認定されます。

 その等級によって慰謝料の額も違ってきます(1級は2800万円、14級は110万円が標準)。
 
 また、等級によって労働能力が失われたことによる逸失利益の額も違ってきます。

 ですから後遺障害の等級認定は決定的な重要性を持つことになります。

 後遺障害の認定はまず自賠責の手続で決められることになります。ですからこの手続に具体的で説得力のある後遺障害診断書など適切な証拠を提出する必要があります。

 この手続で満足な認定を受けることができなかった場合、異議申立ての手続をするか、訴訟の中で争うかということになります。

 いずれも弁護士に依頼することができます。お気軽に当法律事務所にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です