新潟駅高架化と日本海縦貫鉄道

昨日新潟駅の高架化第1期開業となり、本日の紙面も大きく取り扱っています。

新潟日報は社説で、一番の目玉は、「いなほ」と「とき」の接続がよくなったことだとしています。

確かに鉄道利用者から見て便利になったのは「いなほ」と「とき」の接続がよくなったことくらいですから、そのような表現自体は理解できます。

しかし、高架化に大金を投じた新潟市の立場から見てどうでしょうか。

「いなほ」と「とき」の接続がよくなって、庄内からのお客さんが新潟駅をスムースに素通りするようになること自体は新潟市にとって良いことではありません(これは新幹線を空港まで延伸しようという議論にも共通することですが)。

新潟市にとって鉄道の下を通る道路ができること以外に高架化のメリットがあるとしたら、それは関東方面などからの乗客が増え、日本海を通る鉄道の利用客を増やすきっかけになりうることだと思います(デスティネーションもあります)。

昔、日本海沿いに青森と大阪を結ぶ白鳥という特急がありました。しかし、今、新潟から日本海沿いに青森や福井に乗換えなしで行くことはできません。新潟が日本海沿いの諸地方から人を呼び寄せ、発展をするためには、白鳥のような、あるいはせめて昔の雷鳥のような、日本海縦貫特急の運用が必要だと思います。

そうはいっても、乗客がいなくて日本海縦貫特急がなくなったのですから、話は簡単ではありません。しかし、高架化とデスティネーションは一つの起爆剤にはなりうるでしょう。また、貨物輸送と乗客輸送を一体化した貨客混載を行う鉄道路線もありますが、この貨客混載により乗客不足を補うことも日本海縦貫鉄道を実現するために重要な方法になりうると思います。とにかく沿線自治体が音頭を取らなければなりません。

実現可能性が乏しい、あるいは何十年か先にしか実現しないような新幹線プロジェクトではなく、今ある施設を活用した日本海縦貫鉄道の実現にこそ力を入れるべきだと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です