死亡慰謝料について(交通事故)

さいとうゆたか弁護士

1 死亡慰謝料

慰謝料とは精神的苦痛についての損害賠償のことです。

交通事故や労災事故で死亡やケガをした場合に発生します。

赤本という裁判所も基準としている本によると、一家の支柱が死亡した場合の慰謝料2800万円、母親・配偶者が志望した場合の慰謝料2500万円、その他の場合2000から2500万円が標準とされます。親族が固有に請求できる慰謝料もここに含まれます。

示談交渉で保険会社はまず上記金額を超える金額を認めることはありません。

そうはいってもこの数字は目安であり、上下することもあります。例えば、年齢が若い人であれば慰謝料は高くなりがちですし、高齢者であれば低くなりがちです。加害者の悪質性などによっても慰謝料額が増額される余地はあります。

例えば、東京地裁平成20年8月26日判決は、34歳の大手監査法人職員の交通死亡事故について、以下のように被害者が結婚して子どもも設けようとしていた状況において亡くなった無念などを考慮し本人分の慰謝料3000万円を認定の上、妻200万、父母各100万、合計3400万の慰謝料を認めているところです。

「Aは,大学在学中の平成4年4月ころに短期大学在学中の原告X1といわゆるサークル活動を通じて知り合った後,上記のとおり平成14年8月に原告X1と婚姻をして,円満な家庭生活を送り,平成18年には子をもうけることを考えていたところであり,また,両親である原告X2及び原告X3との間においても,その唯一の子として十分な愛情を受けて育てられ,原告X1と婚姻をした後も良好な関係にあったことが認められ,これらの事情からうかがわれるAの無念の情については,これを察するに余りあるものというべきである。」
「これらの事情を勘案し,本件事故によりAが受けた精神的苦痛に対する慰謝料の金額としては,3000万円をもって相当と認める。」

ですから訴訟などになった場合はあまり形式的に対応しないで、さまざまな増額要素を主張すべきことになります。

2 新潟で交通事故のご相談は弁護士齋藤裕へ

高額な死亡慰謝料が認められた事例についての記事

死亡事故の逸失利益についての記事

被害者参加に関連する費用の賠償についての記事

交通事故と債権法改正についての記事

弁護士特約についての記事

もご参照ください。
交通事故でお悩みの方はまずは当さいとうゆたか法律事務所の弁護士にご相談ください。

さいとうゆたか法律事務所トップはこちらです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です