新潟市の公共交通をどうするのか? 生活路線について

さて、新潟市では基幹路線以外の生活路線についての整備もしていかなければなりません。

抽象的に言えば、新潟駅・白山駅などの主要停留所と各地域の核となる場所、各地域の核となる場所と市民のみなさんが住んでいるところとを結ぶ路線の整備が必要となります。

この点、各地域の核となる場所とは何かが問題となりますが、人口減少社会を迎え、行政手続・医療・買い物などをある程度ワンストップで行えるようにし、そこを各地域の核としていく必要があるでしょう。これは地域地域の実情や声を聞きながら設定しなければなりません。

この各地域の核となる場所と市民のみなさんが住んでいるところとを結ぶ便については民間任せにしていては整備がなされない可能性が大きいでしょう。

一つの方法は区バスや住民バスの拡充です。住民バスについての補助率引き上げも考慮すべきだと思います。

しかし、税金を無尽蔵に使うことはできませんし、バスの運転手も少なくなっています。ですからバス以外の方法による地域公共交通の整備も必要です。

現在、バス運転手は不足気味です。対して、新潟市内でもタクシー会社は増車を希望しており、供給に余裕のあるタクシーをオンデマンドタクシーとして活用することが考えられると思います。普通免許で運転できる10人以内のジャンボタクシーなどを活用すれば、需要が小さい地域において、バスより安価に公共交通を運営することが可能となります。現在、住民バスの乗車率の低さも指摘されていますが、費用対効果を考えると低需要地域でバス車両にこだわる必要はないと思います。

中心部から離れたところに住む高齢者の方々も自由に受診や買い物ができる、新潟市が主導してそんな社会を作らなければならないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です