労災保険について

交通事故

労働者が業務上あるいは通勤途上ケガをしたり、病気になったり、死亡した場合、労災保険から保険金の支給などを受けることができる場合があります。

労災保険はあくまで業務上の事故について補償する制度であり、使用者の過失は問題となりません。ですから使用者の過失がないような場合においても労災保険の請求をすることができます。

内容としては、治療費、休業補償、介護費用、葬祭料などの支給があります。一時金として支給されるもの、年金として支給されるものがあります。

多くの場合、会社が労災保険の手続をしてくれるでしょうが、してくれない場合には自分で、あるいは、弁護士に依頼して手続をする必要があります。その場合には、請求書に会社が証明をする欄がありますが、会社が証明をしてくれないことも多くあります。しかし、会社が証明を拒否したときには、拒否された旨を記載した書面を提出すれば問題ありません。

なお、公務員については国家公務員災害補償制度、地方公務員災害補償制度という労災保険と類似の制度があります。

使用者が労災申請に協力してくれないような場合には、それが業務上のケガなどであることについて争いがあることもあり(特に過労死について使用者が協力的であることは少ないです)、簡単には認定されない場合もあります。ですから労災でお悩みの方は当さいとうゆたか法律事務所の弁護士にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です