遺産分割について

相続問題

被相続人が残した遺産の分割(遺産分割)は、遺言書があればそれに従うことになります。

遺言書があっても侵すことができない相続人の遺留分がある場合もあり、遺言により遺留分が侵害される場合には遺言書の効力が制限されることになります。

遺言書がない場合、まずは当事者間の話し合いで決めることになります。その際、法律の定める法定相続分が基準となりますが、必ずしもそれに拘束される必要はありません。

話し合いがまとまらない場合、遺産分割調停をすることになりますが、そこでも話し合いがまとまらない場合、審判手続きで裁判所が決めることになります。

裁判所では、法定相続分を基礎に、相続人が被相続人から特別に利益を得ていた特別受益、相続人が被相続人の財産形成に特別に寄与をした寄与分などによる調整を行い、遺産分割を行うことになります。

遺産分割については法的な問題も多く発生します。まずは、さいとうゆたか法律事務所の弁護士にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です