子育て支援その4 高校生の進学支援 

 

現在、高等学校等就学支援金制度があり、世帯所得によっては高校の授業料について支給を受けることができます。

しかし、教科書代などの教材費は制度の対象外です。教科書代は通常、1年で4万円くらいかかります。つまり3年間で12万円程度です。

公立の小中学校については教科書代は公費で負担することとなります。これは義務教育だからと言えます。高校は義務教育ではありませんが、今ではほとんどの子どもが高校に進学しています。小中学校と高校とを区別する必要性はないと考えられます。

財源もありますから簡単ではありませんが、小中学生に対する就学援助の高校生版を作るということも考えられると思います。

水と土の芸術祭やBRTよりはるかに優先順位が高いものではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です