熱中症と学校の責任

これからますます暑くなり、熱中症の危険が高まっていきます。

学校での部活動でも熱中症により重篤な障がいが残る事例が多くあります。

例えば、大阪高裁平成28年12月22日判決は、市立中学の生徒がバドミントン部の部活中に熱中症となり、脳梗塞を発症したという事案について、学校側の損害賠償責任を認めています。

裁判所は、学校側には、部活動の過程で温度計を設置し、その温度を確認しながら部活動の実施の可否、内容及び程度を決定すべき義務があるとし、最終的に裁判所に義務違反を認めたものです。

熱中症により生じうる結果の重大性、温度計の設置がそれほど負担とは考えられないことから妥当な判決といえると思います。

熱中症をはじめとした学校事故でお悩みの方は当さいとうゆたか法律事務所にご相談ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です