小柳聡市議が政務活動費による沖縄・北海道旅行で税金の無駄遣い

新潟市長選挙候補として名乗りをあげている民主にいがたの小柳聡市議はこれまで政務活動費、つまり税金で様々なところに旅行に行っています。

特に2016年5月には沖縄視察の名目で沖縄に、2017年1月には北海道視察の名目で北海道に旅行に行っています。例えば北海道では円山動物園などに行っています。

これらの沖縄、北海道旅行は、民主にいがたのほかの議員(渡辺、加藤、南、山際、宇野)と一緒に行っています。そして、視察報告書は他の議員と同じ内容です。

本当に必要性があって視察するのであれば税金の支出も許容されるでしょう。しかし、なぜわざわざ6人一緒で旅行しないといけないのでしょうか。各議員において関心のある項目を事前にリストアップし、実際に旅行する議員にそれを視察先で質問などしてもらうのであれば1~2人の視察で十分なのではないでしょうか。他の議員と同じ視察報告書を議会に提出しているところからも、わざわざ6人分の旅費を税金から出して旅行をする必要性はなかったように思います。新潟市の財政危機の折、このような放漫な税金の使い方をしてきた民主にいがた、小柳聡議員が新潟市の舵取りを行うことになった場合、やはり新潟市は一層放漫な税金の使い方をするようになるのではないか、危惧されます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です