台風、大風による看板など落下と損害賠償

交通事故

報道によると、10月1日、横浜市内で、建物から落下した看板に当たった男性が死亡したとのことです。先の台風の影響も指摘されているところです。ご遺族にはお悔やみ申し上げます。

さて、台風などの大風を原因として物が落下したとして賠償責任が問われる事例が今までもありました。

東京地裁平成17年7月22日判決は、風速毎秒54・9メートルの風が観測され、屋根材などが落下したという事故について、従来落下などがなかったこと、風速50メートルを超える強風で落下したため瑕疵があったとは言えないとして賠償責任を否定しました。

他方、東京地裁平成27年4月13日判決は、毎秒33ないし39メートル程度の強風により足場が崩落した事故について、周囲にあるビルにより強風が発生する環境にあったのに対策を講じなかったとして、建物所有者に賠償責任を認めました。

このように、かなりの強風による落下であれば責任が認められない可能性はあります。他方、かなりの強風による落下であっても、そのような強風が想定できる状況下であれば賠償責任が認められる可能性があります。あくまで責任は一律ではなく、各地域地域、各時代時代において、どの程度の強風が想定されるかによって違ってくることになります。そして、昨今のように強い台風が頻繁に来襲する状況においては、建物所有者などに今までより強い注意義務が課される可能性があるといえると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です