足(下肢)の後遺障害等級(交通事故)

交通事故

交通事故で足(下肢)に後遺障害が残った場合、以下のとおり後遺障害認定されます。

その等級に応じて慰謝料や逸失利益の賠償がなされうることになります。

 

1級 両下肢を膝関節以上で失ったもの

1級 両下肢の用を全廃したもの

2級 両下肢を足関節異常で失ったもの

4級 1下肢を膝関節以上で失ったもの

4級 両足をリスフラン関節以上で失ったもの

5級 1下肢を足関節以上で失ったもの

5級 1下肢の用を全廃したもの

6級 1下肢の3大関節中の2関節の用を廃したもの

7級 1足をリスフラン関節以上で失ったもの

7級 1下肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの

8級 1下肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの

8級 1下肢に偽関節を残すもの

8級 1下肢を5センチメートル以上短縮したもの

10級 1下肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの

10級 1下肢を3センチメートル以上短縮したもの

12級 1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの

12級 長管骨に変形を残すもの

13級 1下肢を1センチメートル以上短縮したもの

 

上記の基準における用語の意味は以下のとおりです。

○下肢の用を全廃したもの

=3大関節(股関節、ひざ関節及び足関節)のすべてが強直したもの

○関節の用を廃したもの

=ⅰ、ⅱ、ⅲのいずれか

ⅰ 関節が強直したもの、

ⅱ 関節の完全弛緩性麻痺又はこれに近い状態にあるもの、

ⅲ 人工関節・人工骨頭を挿入置換した関節のうち、その可動域が健側の可動域確度の2分の1以下に制限されているもの

○関節の機能に著しい障害を残すもの

=ⅰ、ⅱのいずれか

ⅰ 関節の可動域が健側の可動域確度の2分の1以下に制限されているもの

ⅱ 人工関節・人工骨頭を挿入置換した関節

○関節の機能に障害を残すもの

=関節の可動域が健側の可動域確度の4分の3以下に制限されているもの

○偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの

=ⅰからⅲのいずれかに該当し、常に硬性補装具を必要とするもの

ⅰ 大腿骨の骨幹部等に癒合不全を残すもの

ⅱ 脛骨及び腓骨の両方の骨幹部等に癒合不全を残すもの

ⅲ 脛骨の骨幹部等にゆごう不全を残すもの

○偽関節を残すもの

=ⅰからⅲのいずれか

ⅰ 大腿骨の骨幹部等に癒合不全を残すもの

ⅱ 脛骨及び腓骨の両方の骨幹部等に癒合不全を残すもの

ⅲ 脛骨の骨幹部等にゆごう不全を残すもの

これらのうちどの等級に認定されるかは損害額に大きく関わってきます。

交通事故による後遺障害でお悩みの方は、さいとうゆたか法律事務所(新潟県弁護士会所属)にご相談ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です