醜状障害について(交通事故)

交通事故

交通事故で見た目が悪くなるような傷跡が残った場合、醜状障害として賠償の対象となりえます。

等級は以下のとおりです。

外貌に著しい醜状を残すもの              7級

外貌に相当程度の醜状を残すもの            9級

外貌に醜状を残すもの                 12級

上肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの  14級

下肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの  14級

外貌とは、頭部、顔面、首のように、上肢及び下肢以外の日常露出する部分です。

 

外貌における「著しい醜状を残すもの」とは、原則として、次のいずれかに該当する場合で、人目につく程度以上のものをいいます。

ⅰ 頭部では、指を除く掌の大きさ以上の瘢痕または頭蓋骨の掌大以上の欠損

ⅱ 顔面では、鶏卵大面以上の瘢痕または10円銅貨大以上の組織陥没

ⅲ 首では、掌大以上の瘢痕

 

外貌における「相当程度の醜状」とは、原則として、顔面部の長さ5センチメートル以上の線状痕で、人目につく程度以上のものをいいます。

 

外貌における「醜状」とは、原則として次のいずれかに該当する場合で、人目につく程度以上のものです。

ⅰ 頭部については、鶏卵大面以上の瘢痕または頭蓋骨の鶏卵大面以上の欠損

ⅱ 顔面部では、10円銅貨以上の瘢痕または長さ3センチメートル以上の線状痕

ⅲ 首では、鶏卵大面以上の瘢痕

眉毛や頭髪などに隠れる部分は、人目につかないので、醜状としては扱われません。

顔面神経麻痺により口の歪みが生じた場合、単なる醜状として扱われます。

頭蓋骨の掌以上の欠損により、頭部の陥没が認められる場合で、それによる脳の圧迫により神経症状がある場合は、外貌の醜状障害にかかる等級と神経障害にかかる等級を比較し、重い方の等級で認定されることになります。

眼瞼、耳介、鼻の欠損障害については、これらの欠損障害について定められている等級と、外貌の醜状について定められている等級と、比較し、重い方の等級により認定されることになります。

2個以上の瘢痕または線状痕が隣接などしている場合には、それらの大きさなどを合わせ等級認定することになります。

醜状障害については、その等級に応じた慰謝料が支払われます。

直ちに等級に応じた逸失利益が認められるわけではありませんが、被害者の職業や年齢などにより、収入の減少結びつくとされれば逸失利益の賠償が認められることになります。

交通事故で後遺障害が残ってお悩みの方は、弁護士齋藤裕(新潟県弁護士会所属)にご相談ください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です