死亡慰謝料3400万円が認められた事例(交通事故)

交通事故

交通事故で被害者が死亡した場合、赤本では死亡慰謝料は2000から2800万円とされます。

しかし、これはあくまでも目安であり、それを超える場合(下回る場合)もあります。

例えば、秋田地裁平成22年7月16日判決は、以下のア、イような事情が認められる事例において、死亡慰謝料3400万円を認めています。

 

ア 被告Y1及びその運転態様
(ア) 被告Y1は,衝突事故を起こした場合,極めて重大な結果を発生させ得る10トンの貨物自動車の職業運転手であり,通常の自動車運転手に比べても高度な注意義務が要求されていたこと
(イ) 被告Y1は,はみ出し禁止区間である上に,降雪の影響により路面状態の悪い片側1車線の道路のトンネル入口付近で追越しをして本件事故を起こしているが,そもそもこのような状況で追越しを行うこと自体が危険極まりなく到底許されないものであること
(ウ) 被告Y1は,本件事故前に,先行車両への過剰な接近と左右への進路変更の繰り返しという,先行車両に対して威圧を与える,いわゆる「あおり運転」をし,その「あおり運転」の果てに(イ)のような無謀な追越しに及んで本件事故を起こしているのであって,自動車を安全に走行させるという基本的な意識が欠如していたといわざるを得ないこと
(エ) 本件事故現場付近は,見通しも良く,対向車線を進行してくる対向車を発見することは容易であったにもかかわらず,被告Y1は,対向車線の安全をほとんど確認することなく進行を続けた上,本件事故現場でも安全確認せず,いきなり追越しを行ったため,本件事故を発生させたものであること
イ 被害者側の事情
(ア) 被害車両は,はみ出し禁止区間で先行車両の陰にいた加害車両がいきなり対向車線に進路変更してくるという全く回避不能の状態で正面衝突をさせられており,亡Aらにとって本件事故は予想外の出来事であるといえるのであって,亡Aらには全く過失が存在しないこと
(イ) 本件事故によって,亡Aが21歳,亡Bが0歳11か月で死亡しているところ,亡Aらからすれば,若くして将来を奪われるという重大な結果が生じているのであるし,原告X1からしても,結婚して1年余りの夫と幼い子供を一度に,原告X2及び原告X3からしても,子供と孫を一度に失うという極めて悲惨な結果が生じていること

 

つまり、加害者の運転の悪質性、被害者の年齢などが重視されていることが分かります。

人の命は平等だとしても、それぞれの被害者にはそれぞれの人生があります。

きちんと各被害者の事情を考慮した慰謝料額としていくことが重要です。

 

交通事故でお悩みの方は当さいとうゆたか法律事務所の弁護士(新潟県弁護士会所属)にお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です