家からの締め出しと不法行為(離婚)

離婚問題

夫婦関係が悪化した場合、配偶者の一方が鍵を取り替えるなどして他方配偶者が家に入れなくすることがあります。

このような事案についての判決である東京地裁平成30年1月25日判決は、以下のとおり鍵の取替えが不法行為に該当するとしています。

 

「Aは,平成26年8月3日から同月5日までの予定で本件マンションを離れて原告ら宅に滞在していたところ,同月4日,突然被告から離婚の申入れを受け,もう一緒には暮らせないので同月5日に予定どおり本件マンションに帰ることはできないと告げられるとともに,離婚協議中は二人とも本件マンションに入らないこととするために鍵を替えることを提案され,同月6日頃には実際に被告が鍵を替えたことから,それ以降本件マンションに立ち入ることができなくなったことが認められる。本件マンションは被告とAが婚姻後に共同で購入したAの生活の本拠であり,Aは,3日間の予定でそこを離れていただけであるから,そのような生活の本拠に対してAが有する居住権は法的に保護されるべきものであり,Aを突如生活の本拠に入室できない状況に陥らせた本件行為1は,Aの居住権を侵害する不法行為法上違法なものであったといわざるを得ない。」

 

このように、同判決は、Aが3日間マンションを離れていたことを理由の1つとしています。

ですから、家を出てから数ケ月たったような場合についてどうかということについては判然とはしません。

家を出てから数ケ月たったとしても、従来から生活の本拠であったことを強調すれば、離婚をしておらず、荷物もあるのであれば、居住権がなくなるとはいえず、鍵の取替えは不法行為となる可能性はなくならないとも考えられます。

他方、離婚し、財産分与により、その不動産の所有権が一方配偶者のものとなった場合、他方配偶者に居住権があるとはいえないでしょうから、鍵を取り替えても不法行為とはならない可能性が大きいでしょう。

配偶者が家を出てから、財産分与により不動産の帰属が固まるまでの間はグレーゾーンの状態にあり、鍵を取りかえることには慎重であるべきでしょう。

ただし、DV保護法により保護命令が発令され、他方配偶者が住居からの退去を命じられている間においては、当該不動産に居住ができないことが法律的にはっきりしているので、鍵の取替えが不法行為とはならない可能性はあると考えます。

離婚でお悩みの方は、当さいとうゆたか法律事務所の弁護士(新潟県弁護士会所属)にお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です