不貞相手は離婚について責任を負わないとする最高裁判例

離婚問題

本日、最高裁判所は、不貞相手は離婚について原則として責任を負わないとする新判断を示しました。

判断部分は以下のとおりです。

「夫婦の一方は,他方に対し,その有責行為により離婚をやむなくされ精神
的苦痛を被ったことを理由としてその損害の賠償を求めることができるところ,本
件は,夫婦間ではなく,夫婦の一方が,他方と不貞関係にあった第三者に対して,
離婚に伴う慰謝料を請求するものである。
夫婦が離婚するに至るまでの経緯は当該夫婦の諸事情に応じて一様ではないが,
協議上の離婚と裁判上の離婚のいずれであっても,離婚による婚姻の解消は,本
来,当該夫婦の間で決められるべき事柄である。
したがって,夫婦の一方と不貞行為に及んだ第三者は,これにより当該夫婦の婚
姻関係が破綻して離婚するに至ったとしても,当該夫婦の他方に対し,不貞行為を
理由とする不法行為責任を負うべき場合があることはともかくとして,直ちに,当
該夫婦を離婚させたことを理由とする不法行為責任を負うことはないと解される。
第三者がそのことを理由とする不法行為責任を負うのは,当該第三者が,単に夫婦
の一方との間で不貞行為に及ぶにとどまらず,当該夫婦を離婚させることを意図し
てその婚姻関係に対する不当な干渉をするなどして当該夫婦を離婚のやむなきに至
らしめたものと評価すべき特段の事情があるときに限られるというべきである。
以上によれば,夫婦の一方は,他方と不貞行為に及んだ第三者に対して,上記特
段の事情がない限り,離婚に伴う慰謝料を請求することはできないものと解するの
が相当である。」

 

離婚をするかどうかは夫婦の判断なので、不貞相手には関係がなく、原則として離婚について慰謝料の責任は負わないということです。

不法行為⇒加害者以外の人の意思による行動⇒結果・損害という場合でも、例えば過労自殺の場合のように、不法行為と損害・結果との間の因果関係が認められ、賠償責任が認められる場合はあります。

ですから、離婚は夫婦の間で決められるべきであり、不貞相手は離婚について責任を負わないというのは理屈として無理があるような感じもします。

しかし、債権侵害については一般の場合より不法行為の成立要件が厳しくなるとも考えられており、また、夫婦間の守操義務を債務と考えると、不貞相手による債権侵害として原則的には離婚についての不法行為が成立しないと考えることも可能のようにも思われます。

しかし、そうであれば、不貞を理由とする不法行為責任についても同じであり、不貞相手に不貞による賠償責任を認めつつ、離婚についての責任については原則認めないという理論についてはしっくり来ないものが残るように思います。

いずれにしても、最高裁の判断が出たので、今後、不貞相手に対して離婚についての慰謝料請求をする場合、例外事情を主張立証する必要があります(不貞自体についての慰謝料請求については、故意過失があれば認められるということで変化はありません)。

不貞相手が、「奥さんと離婚して!」などいう発言をしていれば「離婚させることの意図」が認められるのかどうか不明ではありますが、今後下級審で具体的な判断が積み重ねられていき、見通しがよくなっていくと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です