いじめ、パワハラによるうつ病り患と労災

さいとうゆたか弁護士

いじめやパワハラで心理的負荷が高いと評価される場合、うつ病のり患などが労災として認定される可能性があります。

しかし、実際には、労基署は、長時間労働によるうつ病などは比較的認める傾向にありますが(それでも不十分です)、いじめやパワハラによるうつ病等については中々労災認定をしない傾向にあります。

よって、いじめやパワハラによるうつ病について労災を認めてもらうためには裁判を起こす必要がある場合が結構あります。

実際、裁判で労災が認められることもあります。

例えば、京都地裁平成27年12月18日判決は、以下のとおり、いじめを認定し、うつ病り患について労災に該当するとしました。

「引継ぎの相手方であるIは,原告の部下であるにもかかわらず,原告がエクセルの使い方を理解できないのを馬鹿にするような言い方をするのみで,エクセルの基礎を教えようともしなかった。しかも,前記認定のとおり,本件医療福祉センターにおいては,Iは,一応,原告の部下の立場にはあるものの,原告が直接,Iの業務を監督したり,Iを勤務評定する立場になかった上,Iは,原告よりも,HやGと親しかったことや,本件医療福祉センターにおいて,原告を軽く扱うような雰囲気が醸成されていたことなどから,原告が上司であることを前提にした態度を示していなかったのであり,こうしたことからすると,原告が,Iから円滑な業務の引継ぎを受けることは困難な状況にあったといえる。現に,前記認定のとおり,Iは,原告に対する業務引継ぎは現実性がなかった旨述べている。そして,原告は,書痙の悪化を理由に業務引継ぎの中止を訴えているのに,Hの反対で実現しなかった。」
「加えて,前記認定のとおり,原告がIから業務引継ぎを受ける際には,Iから,「字を他の人にも読めるように書いてください。ペン習字でも習ってもらわないといけない。」,「時間かかりすぎです。この表の作成に1日もかかりませんよ。」,「エクセルのお勉強してください。分からなかったら娘さんにでも教えてもらってください。」,「日本語分かってはりますか。」などという辛辣な発言を繰り返された。」

当該事案では、部下から上司に対するいじめという特殊性があるところですが、辛らつな批判があったことを理由に労災との認定がされています。

執拗に、常軌を逸した言動がなされ、うつ病にり患したような場合については、労災として認められる可能性はありますので、労災申請、さらには訴訟提起をご検討ください。

 

労災でお悩みの方は、弁護士齋藤裕(新潟県弁護士会所属)にお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です