兄弟の親権者が別々とされた事例(離婚)

離婚時において未成年子がいる場合、親権者を決める必要があります。

一般的には兄弟不分離の原則により、どちらかの親がすべての未成年子の親権者となることが多いです。

しかし、状況に応じて、兄弟の親権者を分離させることもあります。

例えば、福岡家裁平成28年3月18日決定は、以下のとおり述べて、兄弟の親権者を別々に定めています。

長女の親権者について「原告が,原告の母に監護を委ねたことはやむを得ない面があり,長女の福祉に反する結果が生じていないこと,②前記(1)イ認定・判断のとおり,原告が親権者として不適格であるとまではいえないこと,③前記ア認定・判断のとおりの長女の意向を併せて考慮すれば,長女の親権者を原告と定め,引き続き長女の監護養育を原告にゆだねることが,長女の福祉にかなうというべきであるから,長女の親権者を原告と指定するのが相当である。」としています。

つまり、父の母が長女を監護していること、長女の意向を考慮し、長女の親権者を父と指定すべきとしました。

他方、長男の親権者については、「被告は,従前から,長男の主たる監護者であり,別居後も,長男の監護養育を行っていること,②前記認定事実(17)のとおり,長男は,被告の監護の下,心身共に順調に成長していることがうかがわれ,被告による現在の監護養育状況に特段の問題がないことが認められる。以上を総合的に考慮すれば,長男の親権者を被告と定め,引き続き長男の監護養育を被告にゆだねることが,長男の福祉にかなうというべきであるから,長男の親権者を被告と指定するのが相当である。」としました。

つまり、母において長男を監護し、順調に成長していることから、長男の親権者を母と指定すべきとしました。

以上の結果、兄弟が分離されることについては、「このような事態は,必ずしも好ましいとはいえないものの,非親権者と長女及び長男との面会交流の機会等に,長女及び長男が相互に交流する機会を設けることによって,きょうだいの交流を図ることが可能であること等に照らせば,やむを得ないというべきである。」としています。

この判決からは、兄弟が別々に監護している状況においては親権者についての兄弟分離が認められうるということが言えるでしょう。

また、兄弟の面会交流が適切に行われることが前提となるため、それが期待できない状況において兄弟分離は困難ということもいえると考えます。

離婚についてお悩みの方は、弁護士齋藤裕(新潟県弁護士会所属)にお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です