伐木作業中の事故と労災

交通事故

新潟では伐木作業中の労災が多く発生しています。

伐木作業中の労災は、死亡事故につながることも少なくなく、また、使用者の安全配慮義務違反が認められるケースも相当数あると考えられます。

岡山地裁倉敷支部平成30年10月31日判決は、以下のとおり述べ、伐木作業中の労災について安全配慮義務違反を認めました。

「本件労務参加契約の法的性質は、雇用契約なのであるから、被告は、本件労務参加契約の付随義務として、信義則上安全配慮義務を負うものと言うべきである」

「そして、前記認定した安全な樹木の伐採手順等や本件事故前に講習会を実施し、被告は同伐採手順等を認識し得たことからすると、被告は、少なくとも、作業に特に必要な保護具であるヘ

ルメットや呼子を備え、着用させることによって、木の伐採作業の遂行に当たって生じる危険を防止すべき安全配慮義務を具体的に有していたといわざるを得ない」

「しかるに、被告は作業員全員についてヘルメットや呼子などを用意しておらず、そのため、ヘルメットを被らずに作業を行うことが常態化していることを容易に認識し得たにもかかわら

ず、何ら必要な指示、指導を行っていないというのであるから、被告には安全配慮義務違反があったと評価せざるを得ない」

被告からは、原告が被告に対しヘルメットや呼子等の支給を求めていなかった過失があり、過失相殺がなされるべきとの主張がなされていました。

これについて、裁判所は、以下のとおり述べ、過失相殺を否定しました。

「原告は、被告に対してヘルメットや呼子等の支給を求めることが望ましかったとはいえるものの、少なくとも、特に必要な保護具であるヘルメットや呼子などを用意し、安全を確保することが強く求められていたことからすると、この点につき、過失相殺を行うことが損害の公平な分担に適うとは言い難い」

以上のとおり、同判決は、ヘルメットなどの保護具の支給を行わなかったことついて使用者の安全配慮義務違反を認め、過失相殺も認めませんでした。

保護具を支給することが使用者の義務である以上、その支給を求めなかったことが労働者の過失とされる余地は乏しいと考えられ、穏当な結論と思われます。

なお、同判決では、契約が労働契約かどうかも争われているところ、時間に対する対価として報酬が払われていること、作業場所・時間の拘束などを理由として、労働契約との認定がされているところです。

労災、労働災害でお悩みの方は、弁護士齋藤裕(新潟県弁護士会所属)にお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です