出産時において医師らの過失を原因として低酸素性虚血性脳症による脳性麻痺の障害が残ったとされた事例

広島高等裁判所岡山支部平成30年7月26日判決は、病院において出生した控訴人に,低酸素性虚血性脳症による脳性麻痺の障害が残ったことに関し,医師らには分娩監視を適切に行わなず、帝王切開が遅れた過失があるとの判断を示し、医療法人らに対する損害賠償責任を認めました。

原判決は、分娩監視について過失を認めず、地裁高裁で判断が分かれており、参考になる裁判例と思われるのでご紹介します。

控訴人らは、産科ガイドラインの記載を根拠に、医師らは胎児心拍数波形のレベルに応じた対応と処置をすべきであったのに、医師らが怠ったと主張していました。

これを受け、裁判所は、産科ガイドラインについて、「産科ガイドラインについてみるに,胎児心拍数波形のレベルに応じた対応と処置は,推奨レベルCとされており,また,絶対的なものではなく,対応の決定に際しては,妊婦の背景並びに施設の諸事情を考慮することが求められ,対応と処置の実施内容については,これを参考に,各施設において具体的なルールを定めることが望ましく,医療機関の裁量権に委ねられるべきであるとされている」、しかし「こと前記胎児心拍数波形のレベルに応じた対応と処置については,常に推奨レベルCの前記解釈によるのではなく,背景因子(妊娠週数,母体合併症,胎児の異常,臍帯・胎盤・羊水の異常,分娩進行状況等),経時的変化及び施設の事情(緊急帝王切開術の準備時間等)によって,当該措置を採ることが医師及び助産師の義務になるというべきである」として、胎児心拍数波形のレベルに応じた対応と処置については、背景因子、経時的変化及び施設の事情によっては措置をとることが義務になるとしました。

その上で、当該事案については,

ⅰ 高度遷延一過性徐脈(レベル4)があった
ⅱ 本件病院の規模及び設備からすれば,産科ガイドラインの胎児心拍数波形のレベルに応じた対応と処置を行うことが困難であるとは認められない
などの事情を踏まえ、出産日の午後9時25分ころには、産科ガイドラインの胎児心拍数波形のレベルに応じた対応と処置を採ることが具体的注意義務となっていたとしました。

その上で、午後9時28分に約3分間の高度遷延一過性徐脈があったことからすれば,急速遂娩を実行する法的な注意義務があったといえるのに、これをおこわなかったとして、医療法人等に賠償責任を認めました。

このように、胎児心拍数波形のレベルに応じた対応と処置がなされなかったために障害が残るなどした場合には損害賠償責任が生じずる場合がありますので、重大な事故が発生した場合には胎児心拍数波形に注目することが必要となります。

医療過誤でお悩みの方は、弁護士齋藤裕(新潟県弁護士会所属)にお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です