脳腫瘍の見落としと損害賠償責任

さいとうゆたか弁護士

1 腫瘍、ガンの見落としと医療過誤

腫瘍、ガンの見落としは比較的よくみられる医療過誤ですが、見落としがあっても見落としがなかった場合に死亡などの結果に結びついたと認められないとして、低額の賠償にとどまるケースが多いようです。

この点、福岡地裁令和1年6月21日判決は、脳腫瘍の見落としにより、重度の後遺障害が残ったと認定して、高額の賠償責任を認めており、参考になると思われるので、ご紹介します。

2 福岡地裁令和1年6月21日判決

同判決は、「被告病院心療内科の医師らに,原告の平成18年10月30日の頭部CT検査報告書(前記前提事実(2)ア)において脳腫瘍の疑いを指摘されていたにもかかわらず,かかる指摘を見落とし,平成23年12月に至るまで脳腫瘍を放置した過失(以下「本件過失」という場合がある。)があることに争いはない。」と述べ、脳腫瘍の見落としという過失があったことについて当事者間に争いはないとします。

その上で、以下のとおり述べ、脳腫瘍の見落としがなければ定期的な観察が行われ、必要に応じて早期に腫瘍摘出術を行うことができた、しかしそのような定期観察がなされなかったことで脳腫瘍が大幅に増大するまで放置され、脳腫瘍摘出手術の危険性が高まり、術後水頭症のリスクが高まり、その結果脳腫瘍摘出術を受けた患者に水頭症による重度の障害が残ったとして、重度の障害が生じたことによる損害についても賠償を認めました。

「被告には,本件過失があるところ,本件過失がなければ,原告は,定期的な経過観察によって,早期に脳腫瘍の増大を発見し,本件手術よりも早期に腫瘍摘出術を受けることができたものと認められる(前記1(4))。そして,本件過失により脳腫瘍が大幅に増大するまで放置された結果,本件手術の危険度が格段に高くなり,術後の水頭症のリスクも増大したことからすれば(前記1(4)),上記のように早期に腫瘍摘出術を受けていれば,平成27年6月3日時点における原告の症状の発生を防止することができた蓋然性が高いものと認められる。」

3 新潟で医療過誤は弁護士齋藤裕へ

同判決は、早期に手術をしていても後遺障害が生じていた可能性があるとする被告主張に丁寧に反論し、結論を導いています。

その意味で脳腫瘍の見落としによる事例について重要な先例といえるでしょう。

医療過誤でお悩みの方は、弁護士齋藤裕(新潟県弁護士会所属)にお気軽にご相談ください。
痰吸引に関わる医療過誤についての記事

低酸素性虚血性脳症と医療過誤についての記事

手術後の腸での出血による脳障害と医療過誤についての記事

もご参照ください。

 
さいとうゆたか法律事務所トップはこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です