セックスレスと離婚、慰謝料請求

離婚問題

1 セックスレスと離婚、慰謝料請求

セックスレスは今も昔も夫婦関係のトラブルの原因となってきました。

セックスレスの場合、法的にはどのような効果があるでしょうか?

例えば、岡山地裁津山支部平成3年3月29日判決は、以下のとおり述べ、性交拒絶があった場合について慰謝料の支払いを命じています。

「原告・被告花千間の婚姻は、前記検討の結果がらすると、結局被告花子の男性との性交渉に耐えられない性質から来る原告との性交渉拒否により両者の融和を欠いで破綻するに至ったものと認められるが、そもそも婚姻は一般には子孫の育成を重要な目的としてなされるものであること常識であって、夫婦間の性交渉もその意味では通常伴うべき婚姻の営みであり、当事者がこれに期待する感情を抱くのも極当たり前の自然の発露である。」

「しかるに、被告花子は原告と婚姻しながら性交渉を全然拒否し続け、剰え前記のような言動・行動に及ぶなどして婚姻を破綻せしめたのであるから、原告に対し、不法行為責任に基づき、よって蒙らせた精神的苦痛を慰謝すべき義務があるというべきである。」

「しかして、原告に認められるべき慰謝料額は、本件に顕れた一切の事情を総合勘案し、金一五〇万円が相当である」

 

東京地裁平成19年5月28日判決も、以下のとおり述べ、セックスレスについて慰謝料を認めています。

「婚姻生活における性的関係の重要性からすると,このような被告の性的不能やその改善意欲の欠如は信義則上違法との評価を受け,不法行為責任を構成するものと解するのが相当である。」

このように裁判例においてはセックスレスによる慰謝料が認められてきました。

必ずしも非難の要素を含まないセックスレスによる離婚についてはそれよりハードルが低いといえるでしょう。

ただし、セックスレスによる慰謝料については、性行為の自由との絡み、あるいは子どものいない夫婦が多くなっているという事情もあり、このまま裁判所が認め続けるかは予断を許さないと考えます。

上記東京地裁判決では、原告において子どもが欲しいと述べていたこと、原告からキスなど性行為に向けた積極的な行為をしていたことを踏まえて判断がなされています。

ですから、仮に今後もセックスレスによる慰謝料が認められるとしても、子どもを設けることが結婚時点において共通認識とされていた、一方が性行為がなされるよう努力をしていたという事例に限定される可能性もあると考えます。

2 新潟で離婚、慰謝料のお悩みは弁護士齋藤裕へ

離婚全般についての記事

離婚時慰謝料

財産分与

不倫

子どもの連れ去り・引き渡し

養育費

面会交流

婚姻費用

親権

もご参照ください。

離婚、慰謝料でお悩みの方は弁護士齋藤裕にご相談ください。

まずはお電話(025-211-4854)か、メールでご連絡ください。

弁護士費用はこちらの記事をご参照ください。
さいとうゆたか法律事務所トップはこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です