任意保険の話(交通事故)

交通事故

 最近、任意保険が話題になっています。
 任意保険に入らないで事故を起こし、被害者からの請求について発信している人がいるためのようです。
 自賠責と違い、任意保険に加入しないで自動車を運転してもただちに違法となるわけではありません。
 しかし、任意保険に入らないままの運転は被害者のみならず、加害者の人生をも狂わせかねません。

  自賠責保険は人身事故の損害賠償金の一部を補填するだけです。
 人身事故の賠償金は相手の収入次第、相手の人数次第では億単位となることもあります。
 自賠責は物損をカバーしませんが、高級車や特殊な車両を損傷した場合の損害額が莫大となることもあります。
 そのような場合、手元資金だけで賠償金を払うことができない人も多いでしょう。
 
 賠償金を払わない場合の加害者側のデメリットは、刑事面、民事面の両方があります。

 刑事面としては、被害者の損害について弁償がされず、かつ、弁償される見込みがない場合には、被害回復が不十分だとして、通常より重い刑事処分が想定されるということです。賠償するだけの資力もなく、任意保険にも入っていないということになると、通常より重く処罰される可能性があります。

 民事面については、給料等の差押えのリスクがあるということです。
 交通事故の被害者から裁判を起こされ、判決が出たにも関わらず支払うことができないということになると、給料などの差押えがなされる可能性が出てくることになります。従来、被害者側はあてずっぽうに財産の差押えをせざるを得ない場面が多く、加害者の逃げ得ということも多かったと思われます。しかし、最近、民事執行法が改正されたため、被害者は従来より的確に加害者の財産を探し、差し押さえることができるようになっています。
 例えば、被害者は従来から財産開示の手続を申し立てることができ、加害者に財産の状況について申告させることができました。しかし、加害者からは無視されることも多かったのです。民事執行法改正により、加害者が財産開示手続きに協力しないと罰金刑も処せられうることになり、手続きが強化されました。その他、被害者が役所から加害者の勤務先情報を入手することができる手続きも設けられました。

 このように任意保険に未加入のまま運転することは多大なリスクを背負ったまま運転することを意味します。
 任意保険加入はドライバーにとって必要経費です。億単位の賠償金にびくともしない人以外は任意保険に加入するようにしましょう。
 
 さいとうゆたか法律事務所トップはこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です