学校の退学を迫られたらどうする?

さいとうゆたか弁護士

1 学校の退学を迫られたらどうする?

高校や大学において、生徒が不祥事を起こした場合、退学を迫られることがあります。

そのような場合、どのように対応したらいいでしょうか?

学校からの退学処分の効力については、最高裁昭和49年7月19日判決が、以下のとおり判断を示しています。

「大学の学生に対する懲戒処分は、教育及び研究の施設としての大学の内部規律を維持し、教育目的を達成するために認められる自律作用であつて、懲戒権者たる学長が学生の行為に対して懲戒処分を発動するにあたり、その行為が懲戒に値いするものであるかどうか、また、懲戒処分のうちいずれの処分を選ぶべきかを決するについては、当該行為の軽重のほか、本人の性格及び平素の行状、右行為の他の学生に与える影響、懲戒処分の本人及び他の学生に及ぼす訓戒的効果、右行為を不問に付した場合の一般的影響等諸般の要素を考慮する必要があり、これらの点の判断は、学内の事情に通暁し直接教育の衝にあたるものの合理的な裁量に任すのでなければ、適切な結果を期しがたいことは、明らかである」

このように、退学処分については(特に私学については)、学校側に退学を命ずるについて広範な裁量があることが認められています。

  ただし、同判決も、「当該事案の諸事情を総合的に観察して、その退学処分の選択が社会通念上合理性を認めることができないような」退学処分については退学の効力が否定されるとしています。

実際、学校側が退学を求める事案の中には、到底退学処分をしても有効と認められないような場合もあります。

ですから退学を迫られても、簡単に退学はせずに、まずは弁護士に相談をしてみましょう。

弁護士が学校側と交渉して解決することもありえます。

 

2 実際退学処分が出たらどうする?

それでも実際に退学処分が出され、納得できない場合は、法的手段を検討しましょう。

通常の裁判をしていたら、判決が出るころには授業についていけなくなっているということもありえます。

そこで、生徒側が、授業の妨害の禁止を求める仮処分の申し立てをするという方法で当面授業を受け続けるという方法もあります。

例えば、山口地裁宇部支部令和2年2月12日決定は、私立高校の生徒が他の生徒に暴行をしたという事案で、授業の妨害の禁止を求める仮処分を認めています。

 

3 新潟で退学処分のお悩みは弁護士齋藤裕へ

新潟で免許取消・免許停止のお悩みは弁護士齋藤裕(新潟県弁護士会所属)にお気軽にご相談ください。

相談料30分5000円です。

まずはお電話(025-211-4854)か、メールでご連絡ください。

さいとうゆたか法律事務所トップはこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です