石崎徹衆議院議員に対する提訴のお知らせ

さいとうゆたか弁護士

本日、新潟地裁に、石崎徹衆議院議員を被告、元秘書を原告とする民事訴訟を提起しました。

請求の理由は大きくわけて損害賠償請求と未払残業代請求です。

損害賠償請求は、石崎徹衆議院議員が元秘書に対し暴行や暴言を加えたこと、石崎徹衆議院議員のブログに元秘書の名誉をき損する表現(元秘書が不当な意図で様々な行動をしたかの記載等)を記載したことを理由とするものです。暴行は後頭部を殴る等のものであり、頻繁にありました。痣ができることもあり、元秘書において受診もし、打撲傷の診断書も出ています。暴言は、元秘書の知的能力が低いかのような発言をしたり、存在価値を否定するような言動がなされたということです。原告となった元秘書だけではなく、他の秘書にも暴言がなされてきました。

損害賠償請求額は慰藉料・逸失利益・弁護士費用の合計700万円となります。逸失利益は元秘書が暴行・暴言等のため事務所を退職せざるを得なかったところ、そのために失った賃金分の損害です。

また、石崎徹衆議院議員は元秘書の残業代について未払いとしていました。その金額は154万0100円です。

残業代については、労働基準法上、残業代と同額の限度でペナルティ的な付加金を請求することができるとされていますので、154万0100円の付加金も請求しています。

以上合計1008万0200円が請求額となります。

既に元秘書において暴行について被害届を出しており、略式命令も出されているところです。

この刑事事件の中で暴行の一部についての責任は明確化されました。

しかし、暴言や未払残業代については手付かずです。暴行についても、刑事事件における立証のハードルが高いため、一部しか認められませんでした。

本件訴訟により石﨑徹衆議院議員のやったことについて、事実関係を明らかにさせ、法的責任を明確化する必要があります。

また、国会議員の秘書による暴言、暴行についてはこれまでも問題とされてきました。

国会議員と秘書とでは、上下関係がはっきりしており、パワハラが起こりやすい環境があると言えるでしょう。

ですから同種の問題は他にもたくさんあるはずです。

石﨑徹衆議院議員の責任を明確化させるだけではなく、同じように苦しんでいる政治家秘書の皆様にとって参考になるような事件解決を目指します。

皆様のご支援をお願いします。

なお、担当は、当職及び猪俣啓介弁護士です。

さいとうゆたか法律事務所トップはこちらです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です