後遺障害等級4級の場合の慰謝料(交通事故)

交通事故で後遺障害等級4級の後遺障害が残った場合、民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準では、1670万円の慰謝料が発生するものとされます。 もちろん、これは目安であり、事情によって、これを上回る慰謝料が認められることもあり…【続きを読む】

不貞相手は離婚について責任を負わないとする最高裁判例

本日、最高裁判所は、不貞相手は離婚について原則として責任を負わないとする新判断を示しました。 判断部分は以下のとおりです。 「夫婦の一方は,他方に対し,その有責行為により離婚をやむなくされ精神 的苦痛を被ったことを理由と…【続きを読む】

不倫をめぐる新しいルールが示されるか?  最高裁平成31年2月19日判決はいかに?

報道によると、最高裁が、不倫相手に対する慰謝料についての判決を平成31年2月19日に言い渡すようです。 この事件については1月15日に弁論も開かれています。 これは、妻が不倫をし、その後それをきっかけに夫婦が離婚したので…【続きを読む】

海外出張と過労(労災)

労災保険において、過労を原因として脳・心臓血管疾患が発症した、あるいは精神疾患が発症したと言えるためには、強度の負荷がかかったといえる必要があります。 そして、海外出張は、時差による負荷、慣れない業務による負荷という要素…【続きを読む】

何年別居すると婚姻関係が破綻したと言えるのか(離婚、不貞)

離婚について合意がない場合、一方当事者が離婚調停後に離婚訴訟で離婚を認めてもらうためには離婚理由が必要です。 別居が長期間にわたったことによる婚姻関係の破綻はその離婚理由の代表的なものです。 また、誰かと結婚している人が…【続きを読む】

不貞・不倫についての故意・過失と損害賠償責任(不貞)

誰かと婚姻関係にある人と性行為をした場合、その人は不貞をしたとして慰謝料請求の対象となりえます。 しかし、不貞相手については、自分が性行為をしている相手が独身であると名乗っており、誰かと婚姻しているとは知らなかったという…【続きを読む】

AIによる過失割合判定について

損保ジャパン日本興亜は、AIを活用したドライブレコーダー映像の分析による責任割合自動算定システムの共同開発を行うと合意しました。 これは、AIを利用し、ドライブレコーダーの映像を解析し衝突事故を再現、それをもとにした過失…【続きを読む】

家からの締め出しと不法行為(離婚)

夫婦関係が悪化した場合、配偶者の一方が鍵を取り替えるなどして他方配偶者が家に入れなくすることがあります。 このような事案についての判決である東京地裁平成30年1月25日判決は、以下のとおり鍵の取替えが不法行為に該当すると…【続きを読む】

後遺障害等級3級の場合の慰謝料(交通事故)

交通事故で後遺障害等級3級に認定された場合、後遺障害にかかる慰謝料は赤本では1990万円とされています。 しかし、諸般の事情から、これを上回る慰謝料が認められることもあります。 例えば、東京地裁平成18年3月29日判決は…【続きを読む】

むつ市役所でのマスクなし対応と安全配慮義務

報道によると、青森県むつ市役所は、窓口での対応をする職員について、原則としてマスクを着用しないよう指導し、好評だとのことです。 現在、むつ保健所管内ではインフルエンザ警報が発令されています。 ですから、窓口に来る不特定多…【続きを読む】