新型コロナと一時帰休

1 新型コロナと一時帰休   新型コロナの影響で、一時帰休を行う会社が出てきています。 全日空のサヴァティカル休暇制度もこの一種と言えるでしょう。 売上の状況から一時帰休がやむを得ない場合も多いと思われますが、…【続きを読む】

不倫トラブルが配偶者にばれない方法はある?

1 不倫トラブルとそれが自分の配偶者にばれる可能性 不倫をして、その不倫が不倫相手の配偶者にばれ、不倫相手の配偶者から慰謝料請求等を受けることがあります。 中には、慰謝料を払うことは吝かではないものの、自分の配偶者に不倫…【続きを読む】

会社都合退職、自己都合退職の違い

1 会社都合退職と自己都合退職の違い 退職をする際に会社都合退職の場合は失業手当の給付日数が多い、自己都合退職の場合は少ないと認識されている方が多いと思います。 それではどのような場合が会社都合退職、自己都合退職となるの…【続きを読む】

三菱電機の22円入札 独禁法の不当廉売とならないか?

1 三菱電機の22円入札 報道によると、三菱電機が、新型ミサイルの調査研究について、22円で落札したということです。 採算が取れないとも思われ、独禁法の不当廉売に該当する可能性が問題となるでしょう。 2 独占禁止法と不当…【続きを読む】

帝京長岡高校不当労働行為事件、中労委でも不当労働行為を認定

1 帝京長岡高校の不当労働行為事件で中労委が決定 私(及び土屋俊幸弁護士、加賀谷達郎弁護士)が担当していた帝京長岡高等学校不当労働行為事件で、昨日、帝京長岡高等学校の運営法人の行為を不当労働行為と認定する決定が送付されて…【続きを読む】

実際とは違う日付で作成された自筆証書遺言の効力

1 自筆証書遺言の形式 自筆証書遺言は、自分だけで作成するのであればお金もかからず、気軽に作成できるのが利点です。 しかし、法律で定められた形式的要件を満たさないと効力を生じないこともあります。 民法第九百六十八条は、「…【続きを読む】

事故翌日の転倒による脳挫傷が交通事故と因果関係のあるものとされた判決(交通事故)

1 交通事故と因果関係 交通事故により傷害が生じた場合、加害者はその傷害に伴う損害について賠償しなければならない可能性があります。 この傷害は通常は交通事故の瞬間に生ずるものです。 しかし、理屈上は、交通事故と因果関係の…【続きを読む】

セキュリティトラスト(担保権信託)について

1 法人格なき社団と登記 法人は権利能力を有し、登記の申請人となることができます。 しかし、法人格のない町内会等の社団については、社団名義で登記をすることはできません。 不動産の所有権の登記をしたい場合、社団の代表者を信…【続きを読む】

落雪事故と損害賠償責任

1 落雪事故と損害賠償責任 今回の寒波では屋根にたくさんの雪が積もっており、今後の寒波の緩みに伴い、落雪事故が発生する可能性があります。 落雪事故について損害賠償責任を認めた裁判例もありますので、屋根に雪が積もっている家…【続きを読む】

家庭内別居と離婚、不倫

1 家庭内別居と離婚、不倫   離婚や不倫の慰謝料が認められるかを考える上で、婚姻関係が破綻しているかどうかは極めて重要な問題です。 婚姻関係が破綻している場合、当事者の合意がなくとも離婚が認められる可能性が出…【続きを読む】