視野に障害のある運転手の交通事故について重過失があるとされた事例

交通事故で被害者にも過失があった場合、過失相殺がなされます。 この過失相殺がなされる割合を過失割合と言います。 この過失割合は、加害者・被害者それぞれに関わる事情、道路状況等を加味して判断されます。 加害者に重過失がある…【続きを読む】

AIによる過失割合判定について

損保ジャパン日本興亜は、AIを活用したドライブレコーダー映像の分析による責任割合自動算定システムの共同開発を行うと合意しました。 これは、AIを利用し、ドライブレコーダーの映像を解析し衝突事故を再現、それをもとにした過失…【続きを読む】

交通事故と過失相殺

   交通事故の被害者となった場合、発生した損害について賠償を受けることができるのが原則です。  しかし、被害者にも過失があるとされた場合、過失相殺がなされ、損害額のうち一部しか賠償してもらえないことになります。  例え…【続きを読む】