部下の30代女性に好意を伝えた50代男性が厳重注意処分を受けたことについて

報道によると、宮城県の機関勤務の50代男性が、部下の30代女性に好意を伝え、手を触るなどしたことにより女性が強いストレスを受けたとして、県が「業務遂行に大きな支障を生じさせ」たことを理由に男性を厳重注意処分に付したという…【続きを読む】

新型コロナウイルス法律相談 その4 緊急事態宣言と休業手当

1 緊急事態宣言の発令 報道によると、近日中に新型インフルエンザ等特措法に基づく緊急事態宣言が発出されそうだということです。 この緊急事態宣言が出され、対象自治体の知事が外出自粛要請などを行うことにより、事業休止となる事…【続きを読む】

タクシー運転手の残業代についての最高裁判決

1 タクシー運転手の残業代 令和2年3月30日最高裁第一小法廷判決は、タクシー運転手の残業代についての判断を示しています。 同じような賃金形態をとっているタクシー会社の運転手の残業代について今後の裁判例に大きく影響すると…【続きを読む】

東京ディズニーランド出演者の休業手当要求について(新型コロナウイルス関連)

1 東京ディズニーランド出演者の休業手当 報道によると、東京ディズニーランド出演者の労働組合が、臨時休園中の休業手当を払うよう、オリエンタルランドに要求したとのことです。 会社としては6割の休業手当は払うとしているようで…【続きを読む】

新型コロナウイルス法律相談 その1 新型コロナウイルス対策による休業の場合の賃金支払い

新型コロナウイルス感染症対策のため、社会に様々な影響が出てきています。 特に、教育、観光、興行などの業種においては、新型コロナウイルス対策、あるいはその影響で休業をしているところも多いと思います。 そのような場合の労働者…【続きを読む】

名ばかり管理職の残業代についての裁判例(スポーツクラブの支店長)

1 管理監督者と時間外労働の割増賃金 労働基準法41条は、管理監督者については、時間外労働についての割増賃金を払う必要がないとしています。 この管理監督者は管理職とはイコールではありません。 通達では、「労働条件の決定そ…【続きを読む】

育児のための時短勤務を理由としたパート契約への変更等が不法行為とされた事例

1 育児休業法の禁ずる不利益な取り扱い 育児休業法は、育児休業申し出をした労働者に育児休業を付与し、また、所定労働時間の短縮措置等を講じなければならないとしています。 そして、以下のとおり、育児休業を取ったり、時短勤務と…【続きを読む】

退職に伴う職務放棄と損害賠償責任(労働事件)

1 退職に伴う損害賠償の問題 昨今、退職をしたいのに会社が辞めさせてくれないというトラブルが頻発しています。 そのようなトラブルの中では、会社側が、退職によって会社側に生じた損害について賠償請求をすると威嚇する場合もあり…【続きを読む】

医師に対する配転命令の効力(労働事件)

1 医師に対する配転命令の効力 一般に、使用者の労働者に対する配転命令については広い裁量が認められており、職種や地域についての限定合意がある場合は別として、配転命令の効力が否定されることは中々ありません。 この点、広島高…【続きを読む】

ひらパーでの熱中症事故

1 ひらパーでの熱中症事故 報道によると、28日、枚方市の遊園地である、ひらかたパークで着ぐるみを着ていたアルバイトの男性が熱中症で死亡したとのことです。 まずはお悔み申し上げます。 熱中症については、部活中や労働中の事…【続きを読む】