公務災害と遂行性

公務員が公務上傷害などを負った場合、公務災害として補償がなされる可能性があります。 公務災害として認められるためには、公務遂行性と公務起因性の2要件が必要となります。 この公務遂行性については、「任命権者の支配管理下にあ…【続きを読む】

「労働することができない」とはどのような場合か(労災)

労災保険法第十四条は、「休業補償給付は、労働者が業務上の負傷又は疾病による療養のため労働することができないために賃金を受けない日の第四日目から支給するものとし、その額は、一日につき給付基礎日額の百分の六十に相当する額とす…【続きを読む】

海外出張と過労(労災)

労災保険において、過労を原因として脳・心臓血管疾患が発症した、あるいは精神疾患が発症したと言えるためには、強度の負荷がかかったといえる必要があります。 そして、海外出張は、時差による負荷、慣れない業務による負荷という要素…【続きを読む】

過労と脳・心臓疾患(労災保険)

長時間労働などの過労により脳・心臓疾患( 脳内出血(脳出血)、くも膜下出血、脳梗塞、高血圧性脳症、虚血性心疾患等、心筋梗塞、狭心症、心停止(心臓性突然死を含む)、解離性大 動脈瘤)に罹患した場合、労災認定されることがあり…【続きを読む】

労災保険について

労働者が業務上あるいは通勤途上ケガをしたり、病気になったり、死亡した場合、労災保険から保険金の支給などを受けることができる場合があります。 労災保険はあくまで業務上の事故について補償する制度であり、使用者の過失は問題とな…【続きを読む】