家庭内別居と離婚、不倫

1 家庭内別居と離婚、不倫   離婚や不倫の慰謝料が認められるかを考える上で、婚姻関係が破綻しているかどうかは極めて重要な問題です。 婚姻関係が破綻している場合、当事者の合意がなくとも離婚が認められる可能性が出…【続きを読む】

予備的財産分与の申立(離婚)

1 離婚訴訟で財産分与の申立をするかどうか悩む場合 離婚訴訟の被告側が財産分与を求める方法としては、反訴をして、反訴で財産分与を求めるということが考えられます。 離婚してもかまわないという場合であればこれでいいのですが、…【続きを読む】

親権者による誘拐・未成年者略取

1 親権者と誘拐・未成年者略取 離婚前においては夫婦は共同親権を有しています。 しかし、非監護親が監護親のもとから子どもを連れ去った場合、未成年者略取等の犯罪に問われる可能性があります。 最高裁平成15年3月18日決定は…【続きを読む】

子の引き渡しと人身保護請求

1 子の引き渡しを求める手段 子の引き渡しの審判等が確定した場合でも、相手方が任意に子どもを引き渡さない場合、執行をする必要があります。 通常は間接強制⇒直接強制を行いますが、それでもダメであれば人身保護請求手続きを行う…【続きを読む】

子の引き渡しを求める方法(直接強制)

1 子の引き渡しを求める方法と直接強制 子の引き渡しを求める審判等が確定しても自動的に子どもが引き渡されるわけではありません。 子どもを引き渡さない場合にお金を払わせて引き渡しを強制する間接強制、執行官が出向いて直接的に…【続きを読む】

子どものPTSDと面会交流拒否

1 子どものPTSDと面会交流拒否 監護親が、非監護親と子どもとを面会させない理由として、子どもが非監護親との関係でPTSDになっているので会わせることができないと主張することがあります。 その際、PTSDになっていると…【続きを読む】

子どもからの面会交流請求は認められるか?

1 子どもからの面会交流は認められるか? 面会交流をめぐる圧倒的多くの事件は、非監護親から監護親に面会交流を求めるというものです。 ところが、たまに、非監護親が子どもと会おうとしないため、監護親において面会をしてもらいた…【続きを読む】

離婚前の財産分与の取り決め・合意の効力

1 離婚前の財産分与の取り決め・合意の効力 離婚時には当事者らの合意により財産分与をすることができます。 夫婦関係が悪化した場合、将来の離婚に備え、財産分与について取り決めることもよくあります。 この財産分与の取り決めに…【続きを読む】

親権者再婚・子どもの養子縁組と親権者変更(離婚)

1 親権者再婚・養子縁組と親権者変更 民法819条6項は、「子の利益のため必要があると認めるときは、家庭裁判所は、子の親族の請求によって、親権者を他の一方に変更することができる。」としています。 しかし、この規定は、単独…【続きを読む】

親権者変更について

1 親権者変更について 民法第八百十九条6項は、「子の利益のため必要があると認めるときは、家庭裁判所は、子の親族の請求によって、親権者を他の一方に変更することができる。」と定めています。 事情変更は明示的な要件とはされて…【続きを読む】