ダブル不倫をどう解決するか?

1 不倫の法的責任 不倫とは、婚姻関係のある人が、別の人と性行為をすることです。 ダブル不倫とは、不倫をする2人ともがそれぞれ婚姻関係にある場合です。 ダブル不倫であっても、不倫をされた側は不倫をした側に慰謝料請求をする…【続きを読む】

キスだけだと不倫じゃない?

1 セックス=不倫か? 不倫があるとされると離婚や慰謝料の理由となります。 そのため何が不倫かが重要ですが、率直にいうと完全に定義が確定しているわけではありません。 多くの裁判例は、性行為・性交渉、すなわち男性器を女性器…【続きを読む】

親権と母性優先

1 親権者は母親が有利? 親権者は母親が有利、母性優先の原則があると言われることがあります。 確かに親権者が母親とされる事例は多いです。 しかし、それらの事例を見ても、母親であるから親権者とされているというよりは、主な監…【続きを読む】

間接交流

1 間接交流とは? 子どもは親と面会交流をする権利を有します。 ですから、特別な事情がない限り、非監護親は子どもと直接会って交流することができます。 しかし、面会交流について監護親の立ち合いが必要であるところ、監護親がD…【続きを読む】

面会交流ができない場合と慰謝料請求

1 面会交流の実現方法 非監護親が子どもと面会交流する条件が決まっていない場合、まずは面会交流の調停を家裁に申し立て、そこで面会交流について話し合うことになります。 そこで取り決められた面会交流の条件において、面会日時・…【続きを読む】

不倫の慰謝料を払った後の不倫相手への請求(求償権)

1 不倫慰謝料と求償権 不倫は2人以上で行うものです。 不倫を行った2人以上の人たちは被害者に対して不真正連帯債務を負うとされます。 不倫をした人たちは、それぞれ被害者に対して慰謝料額全額を払う義務を負います。 1人が慰…【続きを読む】

浪費、使途不明金と財産分与

1 浪費、使途不明金と財産分与 離婚時の財産分与においては、他方配偶者において浪費をしている、その分も財産分与の対象とすべきだとの主張がなされることがあります。 また、使途不明金について、財産分与の対象とすべきだとの主張…【続きを読む】

ギャンブルと離婚

1 ギャンブルが離婚理由となるのか 離婚は当事者の合意があれば成立します。 一方が離婚を拒む場合には、離婚調停、離婚訴訟をすることになります。 離婚訴訟では、婚姻を継続しがたい重大な事由なとの離婚事由があるかどうかが問わ…【続きを読む】

離婚調停は弁護士に頼んだ方がいい?

1 離婚調停前置主義 日本では、協議離婚できない場合、離婚調停を行い、離婚調停で離婚が成立しない場合には離婚訴訟を起こし、離婚を認める判決をもらうことになります。 最初から離婚調停を起こすと、通常は調停に戻されることにな…【続きを読む】

DV、暴力による慰謝料(離婚)

1 DV,暴力による慰謝料 DV,暴力があった場合に慰謝料請求の対象となることに問題はありません。 以下、DV、暴力があった場合の慰謝料額について裁判例を見ていきます。 2 裁判例の認める慰謝料額 東京地裁平成28年6月…【続きを読む】