子どもの引渡し拒否についての間接強制を認めなかった最高裁判決

審判で子どもの引渡しが定められた場合に、子どもを現に監護している親が子どもの引渡しをしなかった場合、間接強制の決定が出る場合があります。 これは引渡しをしない期間毎にお金の支払いを命じて、間接的に引渡しを促すものです。 …【続きを読む】

サッカー中のケガと損害賠償(スポーツ事故)

スポーツに怪我はつきものですが、一定の場合にはケガをさせた選手が賠償責任を負う場合もあります。 東京地裁平成28年12月26日判決は、以下のとおり述べ、他の選手にケガをさせた選手の賠償責任を認めました。 『被告らは,サッ…【続きを読む】

帰宅中のいじめと学校側の責任

さいたま地裁川越支部平成28年12月22日判決は、部活動後の帰宅中のいじめについて、学校側の損害賠償責任を認めています。 学校の外でのいじめについては、学校側の管理が届きにくいという考えもありうるところですが、それでも学…【続きを読む】

ネット上の未成年者の個人情報保護   Tik Tok事件を素材として

報道によると、アメリカ連邦取引委員会は、Tik Tok(当時はMusical.iy)が13歳に満たない児童の名前などの個人情報を保護者の同意を得ないで取得していたとして、日本円で6億円超の支払いを命じたとのことです。 中…【続きを読む】

会田誠氏の「性的発言」についての損害賠償請求と「とらわれの聞き手」

報道によると、芸術家の会田誠氏が講師を務めた京都造形芸術大学の公開講座に参加していた女性が、会田誠氏が講座で性的発言をしたということで、大学に賠償請求を求める訴訟を提起したということです。 女性は人格権を侵害されたという…【続きを読む】

プラットフォーマー規制 GAFAのここが問題

政府は、データやICTを用いて第三者に多種多様な場を提供するデジタル・プラットフォーマーの規制についての議論を進める前提として、2018年12月18日、「プラットフォーマー型ビジネスの台頭に対応したルール整備の基本原則」…【続きを読む】