交通事故による腱板損傷・腱板断裂と損害賠償 新潟県の交通事故は弁護士齋藤裕に御相談ください

交通事故

執筆 新潟県弁護士会 弁護士齋藤裕(2019年度新潟県弁護士会会長、2023年度日弁連副会長)

新潟県の交通事故で弁護士特約を使う場合は弁護士齋藤裕(新潟県弁護士会所属)にご依頼ください

交通事故でお悩みの方は弁護士齋藤裕にご相談ください。
まずはお電話(025-211-4854)か、メールでご連絡ください。

 

1 腱板損傷・腱板断裂

腱板とは、筋肉が骨につくところです。
これが断裂したり、損傷する原因は、加齢、交通事故、スポーツ等になります。
腱板損傷・腱板断裂は交通事故で比較的よくみかける傷病です。
同時に争われる頻度の高いものでもあります。
以下、腱板断裂・腱板損傷が争われた交通事故の裁判について概観します。

2 腱板損傷・腱板断裂をめぐる判決

腱板損傷の有無が争われた事件についての横浜地裁平成30年3月15日判決は、以下のとおりの経過において、腱板損傷を認定しています。

ア 横断歩道上を横断していた被害者の身体の右側に加害車両が衝突し,被害者は体の左側から転倒した。被害者は,左腕から左肘を路面に突いたが,被害者の体重を支え切れず,左肩を路面に打ち付けてしまった。
イ 被害者は,A病院に平成26年2月14日から平成26年2月16日までの間,入院しているところ,A病院入院中は,右側の腰や太ももの痛みが強かったため,左肩にも痛みを感じていたものの,左肩の痛みを強く訴えることはなかった。
ウ 退院した翌日,被害者は,左肩の痛みに耐えられずにC外科を受診し,E病院でMRI検査を受けることになった。
エ E病院では,平成26年2月24日にMRI検査が実施され,平成26年3月6日に左肩腱板損傷と診断され,平成26年3月19日入院,平成26年3月20日手術,平成26年3月24日退院となった。

大阪地裁令和3年9月7日判決は、

ア 被害者が事故翌日の受診時から肩の痛みを訴えていたこと

イ 左肩MRI画像により腱板部に輝度変化(T2高信号)が確認され,左肩腱板損傷(部分断裂)と診断されていること

ウ 被害者が訴える自覚症状(左肩痛)は腱板損傷による症状として説明できる上,その症状は本件事故翌日以降,症状固定日(後遺障害診断)時点まで継続的に存在したこと,本件事故以前に同様の症状が発現していたなどの事情は窺われないこと

エ 被害者は自転車に乗車中,左側から加害者車両に衝突されて路上に転倒しているのであり,その転倒の際,乗車体勢のまま右半身から路面に倒れるのではなく,体が回転し背中側から路面に倒れ,その際,左肩部を路面に打ち付けることは十分にあり得ること

から交通事故による腱板損傷を認めました。

このように、交通事故時において被害者が腱板を痛めるような状況だったか、痛みがいつ現れたか、MRI検査の結果腱板損傷として診断されたか等の要素により判断されていることがわかります。

なお、腱板断裂・腱板損傷は加齢によって生ずることもあります。
また、腱板断裂・腱板損傷は、高齢者においては無症状であることが多いとされます。
そのため、交通事故訴訟の中では、元々腱板損傷があったのではないかとの主張がなされることもあります。
そのような主張については、従来痛みがなかったこと、腱板損傷が頻発するような年齢ではないこと等をあげて反論することになります。

3 新潟で交通事故のお悩みは弁護士齋藤裕へ

交通事故でお悩みの方は弁護士齋藤裕にご相談ください。
まずはお電話(025-211-4854)か、メールでご連絡ください。

交通事故についての一般的な記事

弁護士費用はこちらの記事

もご参照ください。

さいとうゆたか法律事務所トップはこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です