noteからのIPアドレス流出の法的問題

コンテンツ配信サービスnoteを営むnote社は、noteにおいて記事投稿者のIPアドレスがソースコードで第三者に見られてしまう不都合が見つかったとして公表をしました。 IPアドレスは、インターネット等に接続するパソコン…【続きを読む】

炎上マーケティング、炎上商法の法的問題

 「廃棄前提おじさん」と田端信太郎の「田端大学の炎上マーケティング」発言 現在、SNS上で、ある男性が温泉旅館の食事についてツイートしたことをめぐり、その男性を「廃棄炎上おじさん」として批判等するツイートが伸び、炎上とも…【続きを読む】

セクシャルハラスメントと労災

1 セクハラと労災 業務による心理的負荷が重く、精神疾患となった場合には労災として認定されます。 セクシャルハラスメントでも心理的負荷が重いと評価される場合、労災となることがあります。 この点、厚生労働省の業務による心理…【続きを読む】

雨傘運動リーダー周庭さん(アグネスさん)が香港国家安全維持法(国安法)で逮捕の問題性

1 周庭さん逮捕の問題性 報道によると、雨傘運動リーダー周庭さん(アグネスさん)が香港国家安全維持法(国安法)で逮捕されたとのことです。 もちろん、香港と日本では法制度が異なります。 しかし、そうはいっても、今回の逮捕は…【続きを読む】

大学院進学費用・留学費用と特別受益(相続)

1 特別受益とは? 民法第九百三条は、「共同相続人中に、被相続人から、遺贈を受け、又は婚姻若しくは養子縁組のため若しくは生計の資本として贈与を受けた者があるときは、被相続人が相続開始の時において有した財産の価額にその贈与…【続きを読む】

添え手による自筆証書遺言の効力

1 自筆証書遺言の効力 自筆証書遺言は、遺言者が自らの手で遺言書を記載する方式の遺言書です。 民法第九百六十八条は、「自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならな…【続きを読む】

女性に無断で堕胎をしたとして医師逮捕(不同意堕胎)

 報道によると、8月9日、岡山県警は、女性の同意を得ないまま妊娠2月の胎児の堕胎をしたとして岡山市北区の医師を逮捕したということです。  実際にこの医師が堕胎をしたかどうかは不明ですが、優生保護法・母体保護法のために現在…【続きを読む】

おかみさん強要の法的責任

式秀部屋でおかみさんが力士に古米を食べることを強要し、それが力士脱走につながったと報道されています。 実際にそのようなことがあったかどうかは不明であり、おかみさんからの主張もきちんと取り上げられるべきでしょう。 それはお…【続きを読む】

青森の実家に帰省してビラを貼られた件の法的責任(帰省警察)

1 青森の実家に帰省して中傷ビラを置かれたとの報道と刑事責任 報道によると、青森の実家に帰省した人について中傷ビラが貼られるという事件があったようです。 嫌がらせのビラ置き事件があった場合にはまず、名誉棄損の成立が気にな…【続きを読む】

半沢直樹第4回 東京中央銀行の電脳への融資の法的問題

1 スパイラル株買収のため東京中央銀行が電脳に巨額融資、三笠副頭取らの法的責任は? 半沢直樹第4回では、電脳の収益にごまかしがあるにも関わらず、東京中央銀行が巨額の貸付をしていたことが明らかとなりました。 このように銀行…【続きを読む】