横断歩道を横断中の歩行者と自動車・バイクの交通事故の過失割合(信号機なし)

1 横断歩道を横断中の歩行者と自動車・バイクの交通事故の過失割合(信号機なし) 道路交通法第三十八条は、 ・自動車は、横断歩道付近に歩行者がいる場合原則徐行し、歩行者が横断しようとする場合は停止をしなければならない ・横…【続きを読む】

横断歩道付近を横断した歩行者と自動車・バイクの交通事故の過失割合(横断歩道に信号機なし)

1 横断歩道付近を横断した歩行者と自動車・バイクの交通事故の過失割合(横断歩道に信号機なし) 横断歩道付近を横断した歩行者と自動車・バイクの交通事故(横断歩道に信号機なし)の過失割合について、東京地裁民事交通訴訟研究会編…【続きを読む】

信号機のない交差点での直進自動車同士の交通事故の過失割合(一時停止違反)

1 判例タイムズによる信号機のない交差点での直進自動車同士の交通事故の過失割合(一時停止違反) 東京地裁民事交通訴訟研究会編・別冊判例タイムズ38「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準 全訂5版」104図によると、 …【続きを読む】

医師の過労死と公務災害・労災についての裁判例

1 医師の過労死と公務災害・労災 医師は労働時間が長くなりがちですが、それだけではなく、労働時間以外にも負荷が大きくなりがちです。 そのためこれまで少なくない数の過労死が発生し、裁判で過労死・公務災害の該当性が争われてき…【続きを読む】

非接触事故と傷害との因果関係(交通事故)

1 非接触事故と傷害との因果関係 道路交通において、非接触であっても、加害車両の動きに被害者が反応し、傷害を負うことはありうるところです。 しかし、非接触の場合、事故と傷害との因果関係の存否が曖昧となりがちです。 以下、…【続きを読む】

信号機のない優先道路・非優先道路交差点での直進自動車同士事故の過失割合(交通事故)

1 信号機のない優先道路・非優先道路交差点での直進自動車同士事故の過失割合 信号機のない優先道路・非優先道路交差点での直進自動車同士事故の過失割合について、別冊判例タイムズ「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準 全訂…【続きを読む】

急性大動脈解離と過労死(労災)

1 急性大動脈解離とは? 国立循環器病研究センター病院サイトは、大動脈解離について、「大動脈は内膜、中膜、外膜の3層に分かれています。中膜がなんらかの原因で裂けて、もともとは大動脈の壁であった部分に血液が流れ込むことで大…【続きを読む】

小島たかし県議の政務活動費疑惑 その2(賃料関係)

新潟市民オンブズマンは、2021年7月5日、小島たかし新潟県議の政務活動費疑惑について、同県議に質問状を発しました。 政務活動費収支報告書によると、小島たかし議員は、令和1年度において、宗教法人愛宕神社に、132万136…【続きを読む】

送り付け商法で送られた商品が即時処分可能となりました。

1 送り付け商法についての特商法改正 2021年7月6日から、送り付け商法で送り付けられてきた商品を即時処分することが可能となりました。 従来の特商法59条は以下のようなものでした。 第五十九条 販売業者は、売買契約の申…【続きを読む】

労災と解雇

1 労災と解雇 労災でケガをした場合、従来と同じようには就労できないこともあります。 それを理由に解雇されることもありえます。 しかし、労基法は以下のとおり定めています。 第十九条 使用者は、労働者が業務上負傷し、又は疾…【続きを読む】