学校での水泳授業・プール授業中の事故と損害賠償

学校での水泳授業・プール授業では、これまで少なくない死亡・重度後遺障害事例が発生しており、学校側に賠償責任が認められた事例もあります。 以下、ご紹介します。 飛び込み事故と損害賠償 奈良地裁平成28年4月28日判決は、プ…【続きを読む】

くも膜下出血の予防あるいは治療のための開頭クリッピング手術と医療過誤

くも膜下出血を予防し、あるいは治療するために開頭クリッピング術が行われることがあります。 同手術は生命の危険にもつながりうるものであり、医療機関に注意義務違反があれば、損害賠償が認められることもあります。 以下、説明しま…【続きを読む】

脳動脈コイル塞栓術と医療過誤

くも膜下出血を防止するための脳動脈コイル塞栓術は、患者の負担も比較的小さく、極めて有効な治療法です。しかし、その結果、死亡等の重大な事故が発生する場合があり、医療機関側に損害賠償責任が発生することがあります。 以下、解説…【続きを読む】

下請代金支払遅延防止法

下請業者が元請業者から不当な扱いを受け、不利益を被ることはよくあります。 下請代金遅延防止法は、一定範囲において、下請業者の保護を図っています。 以下、ご紹介します。 1 下請代金の支払期日 下請代金支払遅延防止法2条の…【続きを読む】

業務指示・業務命令違反と解雇

労働の内容は業務指示・業務命令により特定されます。 ですから、労働者が業務指示・業務命令に従わないことは、債務不履行となりえます。 しかし、だからといって業務指示・業務命令違反があったらただちに解雇しうるということではあ…【続きを読む】

共同親権法の解説

共同親権法が2024年5月17日、参議院本会議で可決となり、成立しました。 改正法成立は、合理的理由のない親子断絶の解消、男女の平等な子育て負担の分担に向けて大きな一歩となると思います。 以下、簡単に、共同親権法の内容を…【続きを読む】

給食中の事故と国家賠償・損害賠償(学校事故)

学校の給食中の事故で生徒が重大な障害を負ったり、亡くなったりする事案は少なくありません。 以下、学校の給食中の事故と学校設置者の賠償責任について解説します。 裁判例においては、誤嚥等の危険性のある生徒については丸のみなど…【続きを読む】

高齢者と労災・過労死

1 初めに 近年、労働力不足などを背景に、高齢の労働者活用が様々な職場で進んでいます。 しかし、高齢者については、身体能力などの衰えにより、労災などの事故も発生しやすくなっています。 そのため、一般の労働者に比べ、特別な…【続きを読む】

日弁連副会長を退任しました。

2024年3月31日をもって日弁連副会長を退任しました。 在任中は大変お世話になりました。 おかげ様で、ローマでの国際会議派遣、衆議院内閣委員会への参考人招致など、得難い経験をすることができました。 依頼者の皆様にはご迷…【続きを読む】

国家公務員の公務災害(うつ病、過労自殺)

国家公務員が過労で精神疾患にり患した場合、過労自殺した場合、公務災害として補償がされることになります。 その認定は、「精神疾患等の公務災害上の認定について」に基づいてなされることになります。 以下、その内容を簡単に解説し…【続きを読む】