麻酔中毒、麻酔事故と医療過誤

1 麻酔中毒、麻酔事故と医療過誤 不適切な麻酔による死亡あるいは重大な後遺障害を残す事故が少なくありません。 以下、麻酔中毒、麻酔事故と医療過誤をめぐる裁判例をご紹介します。 2 必要最小量を,可能な限り速度を遅くして注…【続きを読む】

信号機のない交差点(優先道路と非優先道路交差)での直進自動車と直進バイクの交通事故の過失割合

1 信号機のない交差点(優先道路と非優先道路交差)での直進自動車と直進バイクの交通事故の過失割合 信号機のない交差点(優先道路と非優先道路交差)での直進自動車と直進バイクの交通事故の過失割合について、別冊判例タイムズ「民…【続きを読む】

クリステレル胎児圧出法・子宮底圧迫法と医療過誤(産科事故)

1 クリステレル胎児圧出法・子宮底圧迫法について クリステレル胎児圧出法は子宮底圧迫法の代表的なものです。 子宮底圧迫法は、胎児を円滑に娩出させることを目的に、陣痛発作時に、掌や前腕などを用いて子宮底を圧迫するものです。…【続きを読む】

後遺障害の逸失利益と定期金賠償(交通事故)

1 後遺障害の逸失利益と定期金賠償 民事訴訟法117条は、裁判所において定期金賠償(一括ではなく、一定期間にわたり定期的に一定額を支払う方法による賠償)による損害賠償を命じることがありうることを示しています。 この定期金…【続きを読む】

認知

1 認知について 民法は799条は、認知について、「嫡出でない子は、その父又は母がこれを認知することができる」と定めています。 認知は、役所に届け出ることによって行います(民法781条)。 認知は胎児についてもすることが…【続きを読む】

離婚時年金分割

1 離婚時年金分割について 離婚時には年金分割をすることができます。 この年金分割は、厚生年金や共済年金の報酬比例部分について、保険料納付を分けることができるものです 2 離婚時年金分割の効果 対象となるのは結婚から離婚…【続きを読む】

知的障害者と労災・安全配慮義務

1 知的障害者と労災 一般的に使用者は、労働者が業務に起因して傷害等を負わないように安全配慮義務を負います。 特に知的障害者を雇用する場合、一般の労働者と比べて高度な安全配慮義務を負うことがあります。 以下、関連する裁判…【続きを読む】

信号機のない交差点(一方に一時停止規制)における直進自動車・バイクと直進自転車の交通事故の過失割合

1 信号機のない交差点(一方に一時停止規制)における直進自動車・バイクと直進自転車の交通事故の過失割合 別冊判例タイムズ「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準 全訂5版」は、信号機のない交差点(一方に一時停止規制)に…【続きを読む】

信号機のない交差点(一方が明らかに広い道路であるとき)での直進自動車・バイクと直進自転車の交通事故の過失割合

1 信号機のない交差点(一方が明らかに広い道路であるとき)での直進自動車・バイクと直進自転車の交通事故の過失割合 信号機のない交差点(一方広路と狭路が交わるもの)での直進自動車・バイクと直進自転車の交通事故の過失割合につ…【続きを読む】

食品加工業と労災

1 食品加工業と労災 食品加工用機械を用いる食品加工業においては、4日以上の休業を要する労災が年間2000件近く発生しており(平成24年)、しかも身体の切断を伴う事例も多いとされています(厚生労働省作成の資料から)。 三…【続きを読む】