解雇の有効性

1 解雇ができないと法律に明記されている場合 労働者が業務上負傷等して休業している期間及びその後30日間、使用者は原則として労働者を解雇することができません(労働基準法19条1項)。 また、産前産後の女性が労基法によって…【続きを読む】