SNS上でのなりすましと法的責任

さいとうゆたか弁護士

1 SNS上のなりすましと法的責任

ツイッター、フェイスブック、インスタグラムなどのSNSについては、厳密に本人確認をするものではないため、なりすましが頻繁に行われています。
私が代理人として関わった事例では肖像権侵害として賠償が認められましたが、それ以外の法的構成を模索する動きもあります。
大阪地裁平成29年8月30日判決は、SNS上のなりすましについて名誉権、プライバシー権、肖像権、アイデンティティ権が侵害されたかどうかについて判断しています。
結論的には名誉権、肖像権侵害を認め、その他の権利の侵害を否定しています。

例えば、肖像権については以下のとおり判断をしています。

「被告は,原告の顔写真を本件アカウントのプロフィール画像として使用し,原告の社会的評価を低下させるような投稿を行ったことが認められ,被告による原告の肖像の使用について,その目的に正当性を認めることはできない。そして,前記争いのない事実等(3)のとおり,被告が,原告の社会的評価を低下させる投稿をするために原告の肖像を使用するとともに,「わたしの顔どうですか?w」(平成27年5月18日午前10時39分),「こんな顔でHさんを罵っていました。ごめんなさい」(同日午前10時54分)などと投稿したことは,原告を侮辱し,原告の肖像権に結びつけられた利益のうち名誉感情に関する利益を侵害したと認めるのが相当である。」
「そうすると,被告による原告の肖像の使用は,その目的や原告に生じた不利益等に照らし,社会生活上受忍すべき限度を超えて,原告の肖像権を違法に侵害したものと認められる。」

このように、肖像を使用することの正当性がないこと、社会的評価を低下させる投稿のために肖像を使っていること、侮辱する表現とともに肖像を使っていることなどから違法な肖像権侵害を認め、慰謝料支払いを命じています。

同判決は、アイデンティティ権については、人格的同一性に関する利益も法的保護に値するとしています。そして、なりすましの意図・動機、なりすましの方法・態様、なりすましによる不利益の有無・程度などを考慮し、利益の侵害が社会生活上受忍の限度を超えるかどうかにより不法行為が成立するかどうか判断すべきとしました。そして事案についてあてはめを行い、アイデンティティ権の違法な侵害を認めませんでした。
肖像権は写真などが使われる場合なので、それとは別個アイデンティティ権を問題とする実益は大きいと思われます。しかし、いまだ成熟した権利ではなく、裁判所としてはかなり及び腰になっているといえます。これから開拓が必要な領域といえるでしょう。

2 新潟でSNSトラブルは弁護士齋藤裕にご相談ください

新潟でSNSトラブルでお悩みの方は弁護士齋藤裕にご相談ください。

 

その他の「ネット上のトラブル」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です