路上横臥者と自動車の交通事故の過失割合

交通事故

1 路上横臥者と自動車の交通事故の過失割合

民事交通事故訴訟における過失相殺率の認定基準全訂5版は、路上横臥者と自動車の交通事故の過失割合について、

ⅰ 昼間の場合、横臥者の過失割合  基本30%、幹線道路で10%+、住宅街・商店街等で5%−、児童・高齢者で10%−、幼児・身体障害者等で20%−、自動車の著しい過失で10%−、自動車の重過失で20%−

ⅱ 夜間の場合、横臥者の過失割合  基本50%、幹線道路で10~20%+、住宅街・商店街等で10~20%−、児童・高齢者で10%−、幼児・身体障害者等で20%−、明るいところで10%−、自動車の著しい過失で10%−、自動車の重過失で20%−

としています。

2 裁判例

重過失の認定事例としては、東京地裁令和2年11月25日判決があります。

同判決は、夜間における路上横臥の事例について、「被告が被告車の前照灯をロービームにしたままで,その照射範囲が限られるにもかかわらず,最高速度を時速20km超過する時速約70kmで進行したこと,被告は衝突するまで路上に転倒していた原告車及び亡Bに気が付いておらず,前方不注視の程度は大きいといえることなどに鑑みれば,本件における過失割合は,亡B30%,被告70%と認めるのが相当である。」としていますが、自動車の重過失を認定し、20%修正をしたと考えられます。近時においてはロービームが過失割合を修正する要素となることに留意すべきでしょう。

第1事故が原因で被害者が路上横臥していて、第2事故に遭遇した場合についても1の基準で判断されることがあります。

横浜地裁平成30年9月13日判決は、夜間横臥の事例について、「亡Aが死亡するに至った直接の原因となったのは第2事故であると認められるところ,第2事故における亡Aの過失割合は50パーセントであり,亡Aが路上に横臥する原因となった第1事故の亡Aの過失割合は70パーセントであるから,本件の絶対的過失割合は,亡A35パーセント,被告Y1 15パーセント,被告Y2 50パーセントとなると認められる。」として、夜間横臥により生じた第2事故について横臥者と自動車の過失を50:50としつつ、全体として被害者:第1事故の加害者:第2事故の加害者=35:15:50としています。

3 新潟で交通事故のご相談は弁護士齋藤裕(新潟県弁護士会所属)へ

まずはお電話(025-211-4854)か、メールでご連絡ください。

交通事故についての一般的な記事

弁護士費用はこちらの記事

もご参照ください。

さいとうゆたか法律事務所トップはこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です