トラック運転手の残業代・割増賃金はどのように請求したらよいのか?

さいとうゆたか弁護士

執筆 新潟県弁護士会 弁護士齋藤裕(2019年度新潟県弁護士会会長、2023年度日弁連副会長)

新潟で残業代・割増賃金の請求は新潟県弁護会所属弁護士齋藤裕にお任せください

1 トラック運転手と労働時間規制

トラック運転手については、令和6年4月から時間外労働の上限が年960時間となります。

それ以外にも、以下のとおり、トラック運転手については労働時間についての規制があります。

自動車運転者の労働時間等の改善のための基準(改善基準告示)においては、

・1ケ月の拘束時間は原則293時間、労使協定を締結した場合には320時間

・1日の拘束時間は13時間(延長しても16時間)

・1日の休息期間は勤務終了後、8時間以上が必要

などとされています。参照:自動車運転手の労働時間についての告示

改善基準告示において、運転時間については、2日平均で9時間、2週間を平均した1週間あたりの運転時間は44時間、連続運転時間は4時間(それを超えて運転させる場合には30分以上の休憩が必要)

とされています。

2 トラック運転手と残業代・割増賃金

以上のとおり、トラック運転手については、他の業種とは異なる労働時間規制がなされていますが、残業代・割増賃金については通常の場合と同様です。

1日8時間、1週40時間を超える残業については25%(月60時間を超える場合は50%)、休日労働の割増賃金は35パーセント、午後10時から午前5時までの割増賃金は25%、時間外・深夜労働の割増賃金は50%、休日労働・深夜の割増賃金は60%の割増賃金を付加することになります。

トラック運転手についても上記基準で判断されますし、固定残業代についても一般の場合と同様に判断されます。

トラック運転手の割増賃金(固定残業代)について判断した裁判例としては、大阪地裁令和4年10月13日判決があります。

同判決は、業績手当、運行手当について、時間外労働の対価として説明されたことがなく、名称からも

残業代に対するものとはみられないとして、残業代として認めず、基礎賃金とすべきとしました。

3 新潟で残業代請求については弁護士齋藤裕(新潟県弁護士会所属)にお気軽にご相談ください

労働時間一般についての記事もご参照ください。
労災、過労死、残業代などの問題でお悩みの方は弁護士齋藤裕(新潟県弁護士会所属)にお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です