移動時間と過労死・過労自殺(労災、労働災害)

最近、報道などで、長時間労働による過労死・過労自殺の認定にあたり、移動時間が労働時間としてカウントされないということが問題とされています。

実際、裁判例においては、移動時間を労働時間とはみない傾向があります。

この点、札幌高裁平成30年10月16日判決は、以下のとおり述べ、出張の際の移動時間は長時間労働があったかどうか見るうえで労働時間としては扱うことができないとしています。

「出張の際の移動時間は,一般的には,実作業を伴うわけではなく,また,会社から受ける拘束の程度も低いことから,通常の業務から受ける負荷と同一に評価することは適切ではない。」

ただし、以下のとおり述べ、移動時間は業務起因性の有無を判断するにあたり考慮すべきものとしています。
「しかしながら,バスや鉄道等における長時間の移動を伴う出張が身体的に相応の疲労をもたらすものであることは論を待たないところである。
また,それが多忙な時期に重なるとすれば,通常の業務に従事することができなくなるのであるから,通常の業務に皺寄せを来たし,そのこと自体心理的な負荷となることも明らかというべきである。ましてや,それが転勤直後であり,慣れない業務に従事しているような場合にはより一層心理的負荷が増すことも容易に想像できるところである。
しかるに,本件においては,往復9時間の移動時間を要し,1泊ないし2泊を伴う出張であって,前後二,三日にわたり通常の業務に影響を及ぼすものである。また,転勤後,初めての支店長としての慣れない業務をこなす傍ら,3か月で5回,しかもそれが北見支店の繁忙期にも重なるものであったものであり,このような長時間の移動時間を伴う出張自体がBにとって身体的な負荷となったことはもとより非常に大きな心理的負荷となったと考えるのが合理的である。
このことは,本件遺書の記載(「転勤して,いきなり毎月札幌出張はありえないです。北見から札幌迄どれくらいの移動時間かわかりますか?これはパワハラですよ。(精神的苦痛と肉体的苦痛)」),Bの同僚らへのメール(「札幌に出張が多いから段取りが上手くいかないんだ」,「私は,北見支店に来て,1ケ月が経ちました。札幌に2回も出張で疲れました。」)からもうかがわれるところである。」
「極度の長時間労働が心身の疲労,消耗がうつ病等の原因になること,長時間労働それ自体が心理的負荷を生じさせるものであることは認定基準の説くところであり,出張の際の移動時間労働時間とみることはできないとしても,上記のような身体的,心理的負荷については,業務起因性の有無についての判断の総合考慮の一要素とするのが相当である。
したがって,Bの出張に伴う移動時間について検討の対象とする余地はない旨の被控訴人の上記主張は,採用できない。」

このように出張中の移動時間については、労働時間とは同視できないまでも、過重労働であることを裏付ける要素となりうるものです。

過労死・過労自殺のケースでは、移動時間についても適切に主張立証することが重要となってきます。

 

労災、労働災害、過労死、過労自殺でお悩みの方は、弁護士齋藤裕(新潟県弁護士会所属)にお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です