柔道部の練習中の事故と損害賠償

交通事故

1 柔道部の練習中の事故と損害賠償

柔道は死亡や後遺障害にもつながる危険性を内包した競技であり、柔道部の部活動などで傷害などが発生した場合、学校側の注意義務違反が問題となります。

この点、例えば、広島地裁尾道支部平成27年8月20日判決は、高校の柔道部の乱取り練習中に発生した事故について、学校側の安全配慮義務違反を認めています。

裁判所は、まず、格闘形式の運動である柔道の練習には、本来的に一定の危険が内在しており、柔道の指導に当たるものについては、柔道の練習によって生ずるおそれのある危険から生徒を保護するために、常に安全面に十分な配慮をし、事故の発生を未然に防止すべき一般的な注意義務を負うものとしました。

その上で、被害生徒において柔道部に入部してわずか14日目に乱取り練習に参加しており17日目に事故に遭っていること、受身の練習をしたのは6日間に過ぎなかったこと、受け身の練習の際に被害生徒は首などの使い方が悪かったことなどから、被害生徒は未だに乱取り稽古を行いうる段階ではなかったとしました。そして、以下のとおり、顧問としては、被害生徒を乱取り練習に参加させる前にかかり練習などを重ねる必要があったのに、それをさせなかったので、安全配慮義務違反があったとしました。

「A顧問は,乱取り練習に参加することにより発生する危険から原告X1を保護するため,乱取り練習参加前に,原告X1に対してより十分なかかり練習ないし打込み練習,約束練習や投込み練習をさせ,もって受け身や投げ技の技能をより向上させるべきであったにもかかわらず,そのような練習方法を実施しなかったのであるから,この点につき安全配慮義務違反があったというべきである。」

他方、学校側は、被害制度が注意散漫だったなどと主張しましたが、裁判所は不適切な動きがあったとしても習熟していなかったからであるとして過失相殺を認めませんでした。

柔道という危険な競技において指導者に高度の義務が課せられるのは当然であり、妥当な判決といえるでしょう。授業においては学校側に一層強度な安全配慮義務が認められるものと思われます。

2 新潟で学校事故のご相談は弁護士齋藤裕へ

野球部の練習中の事故についての記事

騎馬戦による事故についての記事

器械体操による事故についての記事

川遊び中の事故についての記事

帰宅中のいじめと学校の責任についての記事

もご参照ください。

新潟で学校事故のお悩みは弁護士齋藤裕にご相談ください。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です