感電による事故と損害賠償責任(労災)

交通事故

1 感電による労災と損害賠償責任

感電による労災は比較的目にすることの多い労災です。

東京地裁平成22年3月19日判決は、以下のとおり述べ、感電により転倒した発生した労災について使用者の損害賠償責任を認めています。

「本件事故の態様は,ハンマードリルの電気ケーブルの被覆が一部損傷していたためにハンマードリルを使用して作業していた作業員が感電したというもので,本件工事の現場において発生することを想定することが困難な事故ではないのであり,また,電動工具の電気ケーブルに損傷がないかを点検していれば,本件のような事故を容易に防止することは十分に可能ということができる。」
「しかるに,両被告は,本件工事の現場に電動工具を持ち込む際に当該工具の点検を行うものの,その後の作業を通じ,工具本体や電気ケーブル等に摩耗等の劣化が生じることは十分に想定されるのに,持込時以降は,各工具の使用前において当該工具を使用する作業員にその点検をさせていたにすぎず(本件ハンマードリルについていえば,持込時から本件事故までの約6か月間は,作業員による点検がされたのみであったということになる。),始業前における作業員による点検についても,両被告は,作業員に対して細部まで指導していなかったのであるから(前記(1)ア・イ(ア)。なお,両被告は,労働基準監督官の是正措置を受け,それまでも作成されていることが前提とされていた,作業員の使用する工具の始業前点検に用いる点検表を作成するとともに,作業員の始業前点検に関する責任者を置くこととしている。),両被告の,ハンマードリルを含めた電動工具の点検方法が十分でなかったことは明らかである。さらに,両被告が作業員に対して指導していた始業前点検についても,始業前に行うというその点検の性質上,ある程度の時間を使って点検が行われるものではなかったことは容易に推察されるから,電動工具を現場に持ち込んだ後も,ただ作業員の始業前点検のみに工具の安全性等の確保を委ねるのではなく,ある程度の時間をかけて定期的な点検を行う必要があったのであり(なお,被告らは,労働基準監督署の是正勧告に従って週間点検を行うようになっている。),これを行っていなかった両被告による電動工具の点検体制には,やはり不備があったというべきである。そして,両被告において,作業員による始業前点検の方法を十全なものとするほか,上記のような定期的な点検体制を採ってある程度の時間をかけて点検を行うようにしていれば,本件ハンマードリルに認められた本件損傷を事前に発見することは容易で,本件事故を防ぐことができたといえる。」
「そうすると,両被告には,原告が使用した本件ハンマードリルの安全性を確保等する義務を負いながら,このための措置を怠ったものといえ,安全配慮義務の違反があり,また,不法行為(共同不法行為)上の過失があるというべきである。」

以上のとおり、裁判所は、電動工具の点検体制を十分なものにしておかなかったことで使用者側に安全配慮義務違反を認めています。

従業員に点検させるというだけでは不十分であり、細部までの指導も必要であり、かつ従業員による点検以外の時間をかけた点検も必要としている点が注目されます。

電動工具の安全性は感電防止の大前提ですから、同判決の判断は他の感電労災においても参考にされるものと思われます。

2 新潟で労災のお悩みは弁護士齋藤裕へ

労災保険で後遺障害について支給される内容についての記事

死亡した場合の労災保険の支給内容についての記事

新型コロナと医療従事者の労災についての記事

新型コロナと無給医の労災についての記事

新型コロナウイルスと労災についての記事

もご参照ください。

労災でお悩みの方は、弁護士齋藤裕(新潟県弁護士会所属)にお気軽にご相談ください。

 
さいとうゆたか法律事務所トップはこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です