児童相談所長による面会制限が違法となる場合

1 児童養護施設に入っている児童と母親との面会を制限する行政指導が違法とした裁判例 宇都宮地裁令和3年3月3日判決は、児童相談所長において、児童養護施設に入っている児童と母親との面会を制限する行政指導をしたことについて、…【続きを読む】

臍帯異常と医療過誤

1 臍帯異常 臍帯異常は新生児の死亡や重大な障害を来す大きな原因となっています。   臍帯膜絡 臍帯巻絡は、分娩時に臍帯が胎児に巻絡した状態をいいます。 巻絡が3~4回以上だと新生児死亡の可能性が高まるとされます。 超音…【続きを読む】

帝王切開後の血栓塞栓性疾患

1 帝王切開と血栓塞栓性疾患 分娩後、母親は血栓塞栓性疾患となる可能性が高まります。 特に帝王切開後については可能性が高くなります。 静脈血栓症については下肢の浮腫、腫脹という症状が現れます。 診断のためにFDP,D-ダ…【続きを読む】

常位胎盤早期剥離と医療過誤

1 常位胎盤早期剥離とは? 常位胎盤早期剥離とは、子宮壁の正常な位置に付着している胎盤が、通常は妊娠20週以降に剥がれてしまうことです(MSDマニュアル家庭版)。 妊娠高血圧症候群、常位胎盤早期剥離の既往、切迫早産、腹部…【続きを読む】

低酸素性虚血性脳症(医療過誤)の損害額

1 低酸素性虚血性脳症(医療過誤)と損害額 医療過誤により新生児が低酸素性虚血性脳症となった場合、新生児本人及び親は、医療機関等に賠償請求をなし得ます。 賠償額の計算は一般の交通事故や医療過誤と同じ計算方法になります。 …【続きを読む】

産科医療補償制度

1 産科医療補償制度について 産科医療補償制度は、制度加入の分娩機関の医学的管理下に出生した子どもが、脳性まひとなり、一定の要件を満たした場合に、補償金の支払いがなされるという制度です。 出産で脳性まひが生じた場合に使用…【続きを読む】

分娩時異常出血・産科危機的出血と医療過誤

1 分娩時異常出血・産科危機的出血 妊産婦約300人に1人くらいに、生命に関わる分娩後の大量出血が発生するとされています。 具体的には、出産にあたり、出血持続とバイタイルサイン異常(乏尿,末梢循環不全)、SI1・5以上、…【続きを読む】

いじめなど学校事故と災害共済給付金

1 災害共済給付金とは? 独立行政法人日本スポーツ振興センター法15条1項7号は、独立行政法人日本スポーツ振興センターの業務として、「学校の管理下における児童生徒等の災害(負傷、疾病、障害又は死亡をいう。以下同じ。)につ…【続きを読む】

令和3年度子育て世帯等臨時特別支援事業の違憲性

1 令和3年度子育て世帯等臨時特別支援事業の違憲性 政府は、令和3年度子育て世帯等臨時特別支援事業として、年収960万以上の世帯を除き、0歳から高校3年生までの子どもがいる世帯に、子ども1人あたり10万円を給付します。 …【続きを読む】

地方議会での質問制限の違法性を問う訴訟提起

1 地方議員の議会における質問制限と国賠訴訟提訴 安中聡議員は、五泉市議会議員であり、前回選挙ではトップ当選を果たすなど、市民から強く支持されてきました。 安中聡議員は、これまで五泉市議会議員の政務活動費の使用について、…【続きを読む】