遺言書はどうやって作るのか

 
 遺産を自分の思いに従い相続させようとするには遺言書を作る必要があります。

 この遺言書の中で代表的なものが自筆証書遺言と公正証書遺言です。

 自筆証書遺言は自分で書いて、日付を書いて、署名・押印すればいいので、簡単です。カレンダーの裏に書いても一応有効です。自分だけでやるなら金もかかりません。

 公正証書遺言は公証人役場で作ってもらうものですが、公証人役場に払うお金がかかります。

 どちらがよいかですが、基本的には公正証書遺言が無難かと思います。

 自筆証書遺言だと、そもそも遺言者が本当に書いたのかどうか争いになることがあります。また、遺言をする能力があったかどうか争われることもあります。
 
 公正証書遺言でも後者の争いはありえますが、それでも自筆証書遺言に比べれば可能性はかなり小さいといえるでしょう。

 相続が争続にならないようにするため、できるだけ公正証書遺言とすることをお勧めします。
 
 作り方については弁護士がアドバイスしたり、一緒に公証人役場に行き公正証書を作ることもできますので、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です