学校での水泳授業・プール授業中の事故と損害賠償

学校での水泳授業・プール授業では、これまで少なくない死亡・重度後遺障害事例が発生しており、学校側に賠償責任が認められた事例もあります。 以下、ご紹介します。 飛び込み事故と損害賠償 奈良地裁平成28年4月28日判決は、プ…【続きを読む】

くも膜下出血の予防あるいは治療のための開頭クリッピング手術と医療過誤

くも膜下出血を予防し、あるいは治療するために開頭クリッピング術が行われることがあります。 同手術は生命の危険にもつながりうるものであり、医療機関に注意義務違反があれば、損害賠償が認められることもあります。 以下、説明しま…【続きを読む】

脳動脈コイル塞栓術と医療過誤

くも膜下出血を防止するための脳動脈コイル塞栓術は、患者の負担も比較的小さく、極めて有効な治療法です。しかし、その結果、死亡等の重大な事故が発生する場合があり、医療機関側に損害賠償責任が発生することがあります。 以下、解説…【続きを読む】

給食中の事故と国家賠償・損害賠償(学校事故)

学校の給食中の事故で生徒が重大な障害を負ったり、亡くなったりする事案は少なくありません。 以下、学校の給食中の事故と学校設置者の賠償責任について解説します。 裁判例においては、誤嚥等の危険性のある生徒については丸のみなど…【続きを読む】

食道挿管による医療過誤と損害賠償

1 食道挿管とは? 呼吸不全を改善するために気管に挿管しようとしたところ、食道に挿管されてしまうことを言います。 当然、食道挿管をしても呼吸不全は改善しませんし、重篤な結果を招く可能性もあります。 食道挿管の医療過誤を巡…【続きを読む】

頸椎後方固定術による四肢麻痺等後遺症と医療過誤

頸椎後方固定術は、二つ以上の椎体をスクリュー等で連結する手術です。 刺入部位を間違えると、脊髄損傷等の重大な後遺障害に結び付く危険性があり、そのような事故が発生した場合には医師側に賠償責任が発生する可能性があります。 以…【続きを読む】

テニスのクラブ活動・部活動中の事故と損害賠償(学校事故)

他のスポーツと同じく、学校でのテニスのクラブ活動・部活動中の事故について、学校側に賠償責任が認められる場合があります。 以下、解説します。 1 生徒がテニスコートに近接するコンクリート壁に衝突して負傷した事案 東京地裁令…【続きを読む】

登山事故と損害賠償

登山は楽しいレジャーですが、人命に関わる事故も多く生じています。 多くの場合には自己責任として賠償の問題は生じませんが、集団で登山をしたような場合等には賠償責任が生ずる場合もあります。 以下、ご説明します。 1 登山を不…【続きを読む】

いじめと学校側の法的責任

学校でいじめがあった場合、被害者側から加害生徒側への賠償請求とは別途、学校側への賠償請求が認められる場合があります。 以下、説明します。 1 いじめ防止義務 学校の教諭は、教育活動を行うにあたり、いじめその他の加害行為か…【続きを読む】

鎮静剤の医療過誤

1 鎮静剤の医療事故 鎮静剤は取り扱い方を間違えると死亡や重度の後遺障害を招く危険性があります。 これまで裁判例でも、少なくからず、鎮静剤による医療事故について医療側の責任が認められてきました。 以下、紹介をします。 &…【続きを読む】