子どもと高次脳機能障害(交通事故)

高次脳機能障害について、子どもに特有の問題もあり、一般の場合とは異なる考慮が必要となる場合があります。 以下、簡単にご紹介します。 1 子どもの高次脳機能障害の認定 子どもの高次脳機能障害について、MRI上以下の所見が見…【続きを読む】

PET検査と高次脳機能障害認定(交通事故)

1 高次脳機能障害認定と画像所見 高次脳機能障害認定の実務において画像所見が中心的な位置を占めます。 画像所見の中でも重視されるのはMRIやCTです。 PET等はあくまで補助的な位置づけを与えられるだけです。 しかし、裁…【続きを読む】

自賠責における高次脳機能障害の認定(交通事故)

1 高次脳機能障害の自賠責における認定 現時点における自賠責での高次脳機能障害認定は以下のような要素によりなされていると考えられます(「自賠責保険における高次脳機能障害認定システム検討委員会」報告書、2018年5月)。 …【続きを読む】

腱板損傷・腱板断裂(交通事故)

1 腱板損傷・腱板断裂 腱板とは、筋肉が骨につくところです。 これが断裂したり、損傷する原因は、加齢、交通事故、スポーツ等になります。 腱板損傷・腱板断裂は交通事故で比較的よくみかける傷病です。 同時に争われる頻度の高い…【続きを読む】

交通事故と適応障害

1 交通事故と精神疾患 交通事故は被害者に大きなストレスを与えます。 そのため被害者が精神疾患に罹患することもあります。 交通事故で適応障害となったケースについては、後遺障害として認定するケースもあります。 近時の裁判例…【続きを読む】

後遺障害等級認定(交通事故)

1 交通事故における後遺障害等級の重要性 交通事故において後遺障害等級が認定されるか、されないとして何級に認定されるかは極めて重要な問題です。 一番軽い14級の後遺障害であっても、110万円の慰謝料、労働能力が5パーセン…【続きを読む】

醜状障害について(交通事故)

1 交通事故による醜状障害 交通事故で見た目が悪くなるような傷跡が残った場合、醜状障害として賠償の対象となりえます。 等級は以下のとおりです。 外貌に著しい醜状を残すもの              7級 外貌に相当程度の…【続きを読む】

脊柱の後遺障害(交通事故)

1 脊柱の後遺障害(交通事故) 交通事故で脊柱に障害が残った場合、以下の基準で後遺障害等級が認定されます。 前提として、頚椎と胸腰椎は異なる機能を担っているため、異なる部位としてそれぞれ等級が認定されます。  …【続きを読む】

高次脳機能障害の等級(交通事故)

1 高次脳機能障害の等級について(交通事故) 高次脳機能障害とは、認知、行為、記憶、思考、判断、言語、注意の持続などが障害された状態をいいます。 その程度に応じ、以下のとおり後遺障害等級が認定されます。 2 後遺障害等級…【続きを読む】

足指の後遺障害(交通事故)

1 足指の後遺障害(交通事故) 交通事故で後遺障害が残った場合、等級に応じて慰謝料が払われます。 また、等級に応じ労働能力が失われたとして逸失利益の賠償が認められることもあります。 このように等級は極めて重要です。 今回…【続きを読む】